北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

「アマトリチャーナレシピ」トマト缶で本格的な味を簡単に作る方法とは?

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181206213216j:plain

今回はアマトリチャーナを作っていきます!

 

どんな料理かざっくりと説明すると

トマト、ベーコン、チーズを使ったパスタ。

 

イタリアのローマ近郊のアマトリーチェという村が発祥のため

アマトリチャーナという名前がついています。

 

本場ではベーコンの代わりにグアンチャーレやパンチェッタという生のベーコンを使うことが多いです。

今回はパンチェッタを使っています!

作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

トマト系のパスタを練習するためによく作っていたので自信あります!

 

簡単に手に入る材料で作れます!

早速作っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

アマトリチャーナの材料

  • パスタ・・・・・・200g
  • ホールトマト缶・・・・・・1缶
  • ベーコン・・・・・・100g
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • 粉チーズ・・・・・・大さじ2
  • 白ワイン・・・・・・50cc(水でも可)
  • オリーブオイル・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・適量
  • 鷹の爪・・・・・・1個(お好みで)

ベーコンはスライスでも大丈夫です。

 

トマトソースがすでにある場合はトマト缶は必要ないです。

 

トマトソースの作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

アマトリチャーナの作り方

まずはベーコンを厚さ、幅1cmで切っていく。

 

玉ねぎはスライス。

鷹の爪を使う場合は種を取っておく。

 

トマト缶を開けて手でつぶす。

 

お湯を沸かす。

塩は1ℓに対して10g

 

これで準備は完了!

 

フライパンにオイルを引きベーコンをこんがりと炒めていく。

火加減は中火~弱火の間。

 

ある程度こんがりとしてきたら玉ねぎを入れて、

しんなりとするまで炒める。

 

次に種を取った鷹の爪を入れる。

 

鷹の爪に軽く色がついたら白ワインを入れてフライパンについたコゲを取る。

 

水を使っても大丈夫です。

白ワインを入れたらアルコールを飛ばすため強火にしてください。

 

アルコールが飛んだらトマトを入れて煮詰めていく。

 

強火で煮立ったら中火と弱火の間の火にする。

 

10分~15分ぐらいで嫌な酸味が消えて、

余分な水分もなくなってきます。

そこで塩を入れて味をつける。

 

後は茹でたパスタと粉チーズを絡めて盛り付ける。

仕上げに粉チーズをかけたら

完成!!

スポンサーリンク

 

アマトリチャーナのポイント

ベーコンをこんがりと焼く

こんがりとしたこの焼き色が旨味でソースに溶け出します。

 

トマト缶はしっかりと煮詰める

余分な水分をなくして味を凝縮させるとともに嫌な酸味も消します。

 

味付けは煮詰め終わったときにする

もし煮詰める豆にちょうどいい塩加減なら、

煮詰め終わったときにはしょっぱくなっています。

 

チーズを入れたら火を止める

熱々のソースとパスタを絡めてチーズを入れるときに、すぐに火を止めること。

チーズの持つ風味などが飛んでいってしまいます。

 

最後に

身近な材料で本格的な味が家庭でも楽しめますよ!

 

ガッツリ系なパスタなので男性にもおすすめ!

(もともとイタリアの山岳部で働く男性向けのメニューだったという説もある)

 

失敗も少なく難しくはないので是非作ってみて下さい!