北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

本格シュークルートのプロのレシピ!最短10分の簡単な作り方も紹介!

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181113024106j:plain

今日は家でも簡単にシュークルートを作っていきたいと思います!!

 

実際に使っていたプロのレシピを家庭でも

簡単作れるようなレシピを紹介!!

 

そもそもシュークルートって?

 

ザワークラウトというキャベツの千切りを

塩漬けにして乳酸発酵させた、

酸味の効いたドイツにおける漬物。

f:id:fa-307:20181113024232j:plain

そのザワークラウトとソーセージ、

ベーコン、ハム、豚肉などと一緒に煮込み、

付け合わせにじゃがいもを添えた

フランスのアルザス地方の料理。

 

フレンチってなると頻繁に行けるものでもないですが、たまには食べてみたくないですか?

実は簡単にしようと思えばかなり簡単に作れるんですよ!

 

だって家庭で作られる料理ですから!!

 

今回は10分で作れる方法と、少し手間をかけた作り方を紹介していきます!

 

肉はベーコンやハム、ソーセージなどお好きなもので!

 

スポンサーリンク

 

シュークルートの材料

  • ザワークラウト・・・・・・スプーン山盛り3
  • プティサレ・・・・・・2切れ
  • ソーセージ・・・・・4本
  • じゃがいも・・・・・・1個
  • マスタード・・・・・・お好みの量

 

 ザワークラウト

  • ザワークラウト720ml・・・・・・1瓶
  • にんにく・・・・・・1片
  • 玉ねぎ・・・・・・1個
  • 白ワインビネガー・・・・・・30ml
  • はちみつ・・・・・・2周程
  • 塩・・・・・・3つまみほど
  • スパイス(あれば)・・・・・・1つまみずつ
  • 水・・・・・・浸かるくらい

 スパイスを使う場合はキャラウェイ、ジュニパーベリー、クミン、ローリエ、フェンネルシードあたりがおすすめです!

 

肉はベーコンなどお好きなもので!

 

プティサレの作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

 パンチェッタを使ってもおいしいです↓ 

www.kitanokokku.com

 

シュークルートの作り方

ザワークラウトはもちろんそのまま使ってもいいのですが、今回はさらに美味しく作り直していきます!

 

まずはにんにくを皮をむき縦半分にして芯を取る。

包丁で潰す。

 

玉ねぎはスライス。

 

スパイスはローリエ以外は細かく刻む。

 

ザワークラウトをザルに開けて軽く絞る。

 

これで準備は完了です!!

 

フライパンに油を引いていきにんにくを入れて、じっくり火にかけていく。

 

片面に色が付いたらひっくり返して

刻んだスパイスを入れていく。

 

香りが出てきたら玉ねぎを入れて塩を1つまみ入れる。

 

玉ねぎをじっくりと炒めたら、水とローリエを入れて柔らかく煮こんでいきます!

 

柔らかくなったら味付け!!

 

はちみつ、塩を入れて最後にビネガーを加えて味をしめていきます!

 

味が良ければ完成!!

水の代わりにプティサレのゆで汁があれば、

変えた方がさらに美味しいです!

 

 

ザワークラウトが完成したので後は仕上げていきます!

 

じゃがいもは皮をむいてラップにくるみ、

電子レンジで柔らかくしていきます。

 

500wで4分あればだいたい大丈夫です!

大きさによって時間を変えて下さい!

 

すこし硬くてもこの後火にかけていくので大丈夫です!

 

後はじゃがいも、ソーセージ、プティサレを

フライパンで焼いて焼き色を付ける。

 

大き目のスプーン山盛り3杯ほどの

ザワークラウトと鍋の中で多めの水分で

蒸していくようなイメージ。

f:id:fa-307:20181113024324j:plain

蓋をして暖める!

 

今回は暖める程度の時間でOK!

すぐに盛り付けていきましょう!

 

後はお好みでマスタードを添えたら

完成!!

 

おすすめは断然粒マスタード!!

もし余裕があればマスタードと粒マスタードを同量で合わせてみて下さい!

付けやすくなりつつ粒マスタードの良さも味わえます!

 

(ディジョン+ポメリー)

 

10分で作るシュークルートのレシピ

材料

  • ベーコン・・・・・・2切れ
  • ソーセージ・・・・・・4本
  • じゃがいも・・・・・・1個
  • ザワークラウト・・・・・・大き目のスプーン3杯

 

作り方

じゃがいもの皮をむいてラップにくるみ、

電子レンジで柔らかくしていきます。

 

大きさによって時間は変わっていきますが、

中くらいのサイズならば500wで

4分くらいで柔らかくなると思います!

 

後はベーコン、ソーセージ、じゃがいもに

焼き色を付けてザワークラウトの中で少し暖めて味をみたら

完成!!

 

ザワークラウトはそのまま使って大丈夫です!!

 

スポンサーリンク

 

シュークルートのポイント

ザワークラウトを味付けするときは

少し甘酸っぱい味をイメージして仕上げて下さい!!

何か足りないな?

ってなったら塩とはちみつが足りないパターンが多いです!

 

しっかりと焼き色を付ける

きれいに焼き色を付けていきましょう!

それだけでおいしくなります!

 

ザワークラウトの水分で焼き色が薄くなるので

しっかり焼き色を付けた方がいいと思います!

 

にんにくにはじっくり、しっかりと色を付けましょう!

これをさぼるとにんにく臭くなります。

最後に

これなら作れそう!!

とイメージ沸きましたか??

さすがにソーセージ作りから始めるならかなり大変ですが…

 

もし機会があればソーセージの作り方も紹介して行きたいです!

需要あるかな??

 

ザワークラウトと生の豚肉で作っていくレシピが

スタンダードなレシピかと思いますが、

 

今回は少し省略&プティサレの消費ということでこの作り方にしました!

 

時間があればまた別な作り方で作っていきます!

 

余ったザワークラウトは消毒した瓶に入れておけばかなり持ちます!

f:id:fa-307:20181113024446j:plain

余ったザワークラウトの使い方↓

www.kitanokokku.com

 

 

意外にも簡単に作れるので特別な日に

ワインと一緒に作ってみてはいかがですか?

 

アルザス地方の料理ですのでアルザスワインと合うのはもちろん、

よくリースリングと合わせることが多いです!

 

とりあえず辛口の白と書かれているものと合わせてみましょう!

 

でも一番大事な選ぶポイントはお好みのものを選んでください!

ワインの好みって人それぞれですし!

 

長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございます!

 

是非作ってみて下さい!

 

f:id:fa-307:20181111032824j:plain