北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

ミンチカツのジューシーな作り方!メンチカツとの違いとは?

スポンサーリンク

ミンチカツ

今回はミンチカツの作り方を紹介!!

 

ミンチカツとメンチカツの違いってほとんどないんですよ!

 

多分何も知らずに食べてもわからないです!

 

強いて言うなら

メンチカツが関東の呼び方で牛肉と豚肉で作る。

 

ミンチカツが関西の呼び方で牛肉で作る。

 

これくらい!

個人的な解釈ですが、

メンチカツがデミグラスソースをかけて食べるような味付け。

 

ミンチカツがウスターソースをかけて食べるような味付け。

 

な感じがします!

 

余計な話はこれくらいにして作っていきます!

スポンサーリンク

 

 

ミンチカツの材料

  • 牛ひき肉・・・・・・500g
  • 新玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • 塩・・・・・・7g
  • 砂糖・・・・・・4g
  • ブラックペッパー・・・・・・2g
  • 卵・・・・・・2個
  • 揚げる用の油・・・・・・適量

 

  • 強力粉・・・・・・適量
  • 卵・・・・・・1~2個
  • パン粉(細かい物)・・・・・・適量

材料はシンプルに!

味も香りも少なめです!

 

今回は新玉ねぎをつかぅていますが、

普通の玉ねぎでも大丈夫です!

 

その場合は前回みたく炒めましょう!

www.kitanokokku.com

 

みじん切りが面倒ならこれがおすすめ!

 

水分が出てきてしまうのが欠点ですが

細かいことを気にしないなら楽でおすすめ!

 

ミンチカツの作り方

新玉ねぎは粗みじん切り。

少し大きくても大丈夫!

 

後は材料すべてを大きめのボウルに入れる。

 

ここからしっかりと練っていきます。

 

手をホイッパーの様にしてぐるぐる肉を混ぜていきます。

 

混ぜているとだんだん重たくなってきて

混ぜるのがつらくなっていきます。

 

そこまで来たらもう少し!!

後30秒程混ぜたらOK!!

 

時間に余裕があればここで冷蔵庫に入れて一度冷やします。

 

後は成形して、衣をつけて、

揚げていきます!

 

形はお任せしますが、

肉の厚さは2cmぐらいの厚さの方が火入れが楽です。

 

今回はパン粉は2度づけ!

強力粉→卵→パン粉の後

卵→パン粉と2回つけます。 

かなり柔らかく作っているので

衣をつけるときは気を付けて!

 

170~180℃の高温で一気に色を付けたら取り出す。

後は余熱で3分程置いたら…

完成!!

スポンサーリンク

 

ミンチカツを失敗しないコツ

時間をかけずに作る

混ぜるときも体温が肉に伝わらないようにすぐ混ぜる。

 

揚げるときもパサパサにならないように短時間で揚げる。

 

ジューシーにしたいなら

作るときにこれを気を付けてみて下さい!

 

材料を変えるなら新玉ねぎはかなりおすすめ!

水分も甘味もあるので大きめ切って入れるとみずみずしいです

 

他にはラード牛脂などの油を追加してもいいですね!

 

 

後はしっかりと衣を作って

肉汁が逃げないようにしましょう!

 

肉は冷凍していない方が水分が多くておすすめ!

鮮度のいい肉を選びましょう!

www.kitanokokku.com

 

最後に

今回は関西っぽく味薄め、香り少なめで作ってみました!

 

たっぷりソースをかけて召し上がれ!

 

新玉ねぎの出ているシーズンなので

新玉ねぎはみずみずしいのでジューシーになります!

 

その考え方だとキャベツ代わりのレタスとかも

ありかもしれないですね!

 

色々アレンジも効くので是非作ってみて下さい!