北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

煮卵を失敗なしで簡単なレシピ!半熟加減が命!

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181113001325j:plain

今日はみんな大好きな煮卵を作っていきます!!

 

簡単そうで意外と奥が深いですよね…

 

卵黄の具合だとか味の染み込み具合だとか。

 

自分でもここまで理想の煮卵ができないとは思っていなくて

おかげで卵を買い足す羽目に…

 

でも、失敗作を生み出し続けて来たからこそ

これだよ!これ!!

って言える煮卵が出来ました!!

 

では、早速作っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

材料

  • 卵・・・・・・4個

 

  • しょうゆ・・・・・・大さじ3
  • 水・・・・・・大さじ4
  • みりん・・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・・大さじ1

作り方

まずは卵が浸かるくらいのお湯を沸かします。

 

冷えた卵沸いたお湯

の中に静かに入れていきます。

(おたまなどを使って)

f:id:fa-307:20181113001639j:plain

静かにお湯が揺れるぐらいの中火にする。

(殻が割れる恐れがあるため)

 

お好みの時間茹でていきます。

 

今回は6分半で茹でました。

 

6分~8分が半熟のゆで時間なのでお好みの時間で。

 

茹で終わったら氷水に入れる。

 

最低でも3分半は冷やしたいところ。

 

冷やしている間に調味料を合わせて火にかけて沸かします。

 

面倒であれば電子レンジでもOK!!

 

熱い状態にして砂糖を完全に溶かすこと!!

 

次に卵の殻を割り、ジップロックにいれて

調味料を入れて空気を抜いて閉じる。

 

この時ほぼ真空状態にすること!!

 

(無ければポリ袋などを使って)

f:id:fa-307:20181113001747j:plain

半日ほどたったら…

完成!!

スポンサーリンク

 

ポイント

殻を剥くときに流水もしくは、水の中で剥くと

白身とからの間に水が入っていくため、

早くきれいに剥ける。

 

調味料は熱い状態でジップロックに入れること!

(液体が冷めていくことにより味が染み込んでいく。)

 

卵は冷えたものを使うこと!

(卵黄が固まるのを遅らせるため)

 

お湯は完全に沸いてから卵を入れた方が

失敗が少ないです!!

 

卵を茹でるときに火を中火にする理由がもう一つあって、

実はボコボコ激しく沸いているものと、

静かに沸いているもののお湯の温度は

ほとんど変わらないんです!!

 

だから食材のためにも節約のためにも、

基本的には一度お湯を沸かして食材を入れたら

静かに沸いている状態を維持するように

火を調整した方がいいです!

最後に

どうでしょうか?

この記事を見て自分の理想の煮卵が作れそうでしょうか?

 

めんつゆのみで作るのも簡単で失敗も少なく

美味しいのでいいと思うんですが、

やっぱり自分の中の理想とは違っので

今回のレシピになりました!!

 

簡単に出来ると思うので是非やってみて下さい!

 

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com