北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

簡単天津飯の作り方!卵料理を1ランクUPさせる食材とは?

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181112231110j:plain

今回なんと1人前70円で作ってしまいました…

 

今日はあの食材を使って卵が冷めても

ふわふわにする方法を教えたいと思います!!

 

熱々で半熟じゃないとふわふわにならないイメージが

ありますが、そんな事はないですよ!

 

今回の作り方はしっかり焼くことを想定しているので、

半熟ではなくてもふわふわな触感がなくならないんですよね。

 

では、その食材とは…

 

 

 

 

 

 

そう、長芋!

 

これをすりおろして卵に混ぜるだけ!!

たったこれだけなんです!

簡単ですよね?

 

では、今回はそんな卵を使って天津飯を作ります!

 

では、作っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

材料 

1人前

  • ご飯・・・・・・150g
  • 卵・・・・・・2個
  • 長芋・・・・・・20g
  • ねぎ・・・・・・10cm
  • しいたけ・・・・・・大1
  • しょうが・・・・・・5gぐらい
  • 炒め油・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・少々
  • 胡椒・・・・・・少々

 

甘酢あん

  • 砂糖・・・・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・・・・大さじ2
  • 酢・・・・・・大さじ3
  • オイスターソース・・・・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープ又は水・・・・・・60cc
  • 塩・・・・・・少々(調整に使う)
  • 水溶き片栗粉・・・・・・大さじ1

 水:片栗粉=2:1

 

 

作り方

先に甘酢あんの水溶き片栗粉以外の調味料を合わせておく。

水溶き片栗粉を用意する。

 

ねぎは斜めに1cmの幅、しいたけは薄切りに

しょうがは細切りに切っていく。

 

長芋は皮を剥いてすりおろす。

溶いた卵と合わせて軽く塩、胡椒で下味をつける。

 

これで準備OK!

 

フライパンに油を引き、ねぎ・しいたけ・しょうがを炒めて

炒め終わったら卵の中に入れる。

 

次にご飯を盛る。

 

具材と卵を混ぜ合わせたら油を引いてよく熱したフライパンに入れて丸く焼いていく。

 

(最初はぐるぐる回して形を崩して焼いていき、

すこし焼き固まってきたら形を整えるように焼く)

 

焼いた卵をご飯の上に乗せる。

 

合わせておいた調味料を鍋で沸かし火を止める。

 

そこに水溶き片栗粉を混ぜ合わせながら入れる。

 

入れ終わってからとろみが出るまで火にかける。

 

後は上からかけたら…完成!!

スポンサーリンク

 

ポイント

卵を焼くときには多めの油を使って焼いてください!

そうすることによってふわふわになります!

 

水溶き片栗粉を入れるときは底に片栗粉が沈んでいるので、

少し混ぜてから使いましょう!

 

入れるときは火を止めてから入れた方がだまにならないです!

 

片栗粉は火が入ることによってとろみがつくので、足りないかな??って思うくらいで

火にかけてみたら意外とちょうどよくなります!

 

必ずお湯ではなくで溶いてください!

(溶いた瞬間にだまになるので)

 

 

最後に

今回時間計ってみたんですが8分ほどで作れました!

意外とサクッと作れます!そして安い!

 

野菜は基本的には何でも合うと思いますので

お好きなものを入れてください!あとカニカマも。

 

是非作ってみて下さい!

 

 

長芋を使った料理↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com