北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

チキンソテーを簡単にパリパリに!ハニーマスタードソースのレシピ

スポンサーリンク

チキンソテー ハニーマスタードソース

もうそろそろチキンを食べる時期が近付いてきましたね!

そんな時にピッタリなチキンソテーの皮を

簡単にパリパリに焼く方法を紹介します!

 

ソースも簡単に作れるハニーマスタードソースです。

 

それと最近お気に入りなほうれん草を使った

最高の付け合わせも紹介したいと思います!

 

では、作っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

チキンソテーの材料

  • 鶏肉・・・・・・300g
  • 塩・・・・・・3g
  • 強力粉・・・・・・適量

塩の量は肉の1%の重さ

薄力粉でもいいですが強力粉の方が均等にまぶせます。

 

ハニーマスタードソース

  • はちみつ・・・・・・大さじ1/2
  • マスタード・・・・・・大さじ1
  • バター・・・・・・1かけ
  • 塩・・・・・・少量
  • 肉汁・・・・・・少量

 

付け合わせ

  • ほうれん草・・・・・・1/2
  • 水・・・・・・被るくらい
  • オリーブオイル・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・1つまみ
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2

野菜はお好みです!

じゃがいもでも人参でも家にあるもので。

チキンソテーの作り方

残っている骨と大きな筋は外す。

肉と皮の間の脂が苦手なら取り除く。

肉の厚いところに軽く切り込みを入れる。

2cm間隔ぐらいで大丈夫です!

 

焼き縮みを防ぐためと火の入りを均一にするためですが、

肉によってはやらなくても大丈夫です。

 

両面に塩をして10分常温に置く。

厚いところは多く薄いところは少なく塩をする。

 

水分が出てくるので拭いて皮目に強力粉をまぶす。

 

フライパンに油を引き暖める。

 

皮目と逆側から焼き軽く焼いたら皮目を焼く。

だいたい10秒くらいで返して大丈夫です!

火加減は中火と弱火の間の火加減。

f:id:fa-307:20181213225927j:plain

上から重しをしたら均一にパリパリになりやすいです。

 

皮目がパリパリになったら返します。

だいたい5分~8分くらいは焼く必要があります。

 

返したら3分~5分ほどで火が入ります。

 

 

透明な肉汁が出てきたら完成!!

ハニーマスタードソースの作り方

鶏肉を焼いた後のフライパンの余分な油を捨てて水を50ml入れます。

火にかけて木べらなどでこそげとって

はちみつ、マスタードを入れます。

 

軽く煮詰めて塩を加えて味を見ます。

 

仕上げにバターを入れて火を止めてしっかり混ぜてとろみをつけていきます。

 

フライパンを回すようににするとすぐに出来ます。

 

これで完成!!

 

付け合わせの作り方

玉ねぎは芯をつけたまま焼いて塩をして終わりです。

 

ほうれん草は根を落とし砂が残っているのでよく洗う。

 

根元の部分は3cm~4cmの大きさに切り。

歯の部分は2cm幅で切っていく。

 

水、オイル、塩を入れて蓋をし火にかける。

水の量はぎりぎり被らないくらいの量。

 

沸いたら火を止めて10秒ほどしたら完成!!

 

後は盛り付けたら完成!!

スポンサーリンク

 

チキンソテーのポイント

小麦粉は薄く均等にまぶす。

まばらにまぶすときれいに焼けません。

 

 

焼いた肉をカットするときは皮を下向きする。

 

カットの仕方ですが僕は皮をしたにして切るやり方をオススメしています。

急いで切らないとせっかくパリパリにした皮が

柔らかくなってしまいますが、きれいに早く切れます。

 

上向きにして切ると皮が固いので、

よく切れる包丁じゃないと難しいと思います。

 

それと斜めに切るときれいに盛り付けることができますよ!

 

胡椒をかけるなら焼いた後にかけること!

焼く前にかけると胡椒が焦げます!

最後に

これで皮がパリパリどころかバリバリに焼けます!

 

ソースも簡単なのにかなり美味しいですよ!

 

ほうれん草は是非1度ころやり方で食べてほしいです!

かなり甘いほうれん草に大変身しますよ!

 

縮みほうれん草っていう寒い時期のほうれん草があるんですが、

普通のより肉厚で甘いのでおすすめ!

 

メインの鶏よりもなぜかほうれん草の方がおすすめになってしまいましたが、

どれもおいしいので是非作ってみて下さい!

 

合わせて読みたい↓

 

www.kitanokokku.com