北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

本格パルマンティエのレシピ!じゃがいものグラタン【フランスの国民食】

パルマンティエ

今回は本格的なパルマンティエ。

アッシェ パルマンティエです!

 

 ミートソースの上にマッシュポテトを乗せたグラタンみたいな料理。

一度食べればハマること間違いなしのおいしさ!

 

ご飯もパンにも合う味で冬にピッタリ!

 

トロトロのじゃがいもがたまらない!

気が付いたら無くなっているくらい夢中になります!

 

それでは作っていきましょう!

 

本格的なパルマンティエのレシピ

材料

  • ひき肉・・・・・・200g
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • 人参・・・・・・1/2本
  • レンコン・・・・・・小1個
  • サラダ油・・・・・・適量
  • ビーフシチューの素(顆粒タイプが使いやすい)・・・・・・大さじ1
  • 赤ワイン・・・・・・200ml
  • 塩・・・・・・適量
  • ブラックペッパー・・・・・・適量
  • チーズ・・・・・・適量

 

じゃがいものピュレ

  • じゃがいも・・・・・・500g(大3個くらい)
  • 牛乳・・・・・・200g
  • バター・・・・・・20g
  • スパイス(あれば)・・・・・・5振りくらい
  • 塩・・・・・・適量

 (ナツメグ、クミン、カレー粉などがおすすめ)

 

 

食感を出すためにレンコンを入れてますが

野菜は基本玉ねぎと人参で十分です!

 

他にマッシュルームとかパプリカとかおいしそう…

 

肉は好きな肉を使ってください!

 

赤ワインはあった方がおいしい。

(なくてもOK)なければ水で!

 

ビーフシチューの素は顆粒タイプが一番使いやすいです!

デミグラスソースとかフォンドボーの素とかでも代用できます。

 

じゃがいもはメークインが使いやすい。

 

チーズじゃなくてパン粉でもおいしい!

 

パルマンティエの作り方

まずは野菜のカットから!

 

玉ねぎ、人参はみじん切り。

 

みじん切りが面倒な方はこちらがおすすめ↓

くわしくはこちらの記事をどうぞ

www.kitanokokku.com

 

レンコンは1cm角に切る。

 

こんな感じ↓

全体的に粗めにしてます

野菜切る

炒めていく

フライパンに油を引いてひき肉を炒めていく。

 

その時に焼き色がつくまで動かさないのがポイント!

これがおいしさの秘訣。

ひき肉炒める

このままガマン…

 

焼き色がついて火が通ったら玉ねぎ、人参、塩を1つまみ。

弱火でじっくりと炒めていく。

野菜炒める

次に赤ワインを入れてアルコールを飛ばす。

赤ワイン煮詰める

半分くらいに煮詰まったらビーフシチューの素、塩で味をつけていく。 

じゃがいものピュレを作る

マッシュポテトを作ります!

 

今回は電子レンジで。

 

じゃがいもの皮をむいて適当な大きさにカット。

(小さい方が加熱時間も短い)

じゃがいもカット

今回は時短のためシリコンに入れます!

なければふんわりとラップすればOK。

電子レンジ500wで5分程加熱。

竹串を刺して様子を見ながら加熱していきます。

 

柔らかくなったらフォークなどで潰していく。

 

 

こいつがあると超便利で速い。一瞬で終わる。

圧倒的滑らかでプロの仕上がり。

あると超便利。

 

潰したらバター、牛乳、塩、スパイスを入れて混ぜる。

今回のスパイスはクミン、オールスパイス5振りずつ入れてます!

じゃがいも潰す

これで完成。

マッシュポテト完成

オーブンで焼いていく

後は焼くだけ。

耐熱容器にさっき作った肉をひいて

こんなやつ↓

じゃがいものピュレを乗せて

パン粉かチーズを乗せて焼く!

ミートソースのせる

じゃがいも乗せる

パルマンティエ焼く

200℃で15分くらいで焼き

いい焼き色がついたら完成!!

パルマンティエ焼きあがり

いい感じ~

 

パルマンティエのポイント

肉に焼き色を付ける

我慢して動かさないのがコツ

これだけでグッとおいしくなる

 

香味野菜を炒めるときには塩

野菜のうまみを引き出す!

 

じゃがいもは熱いうちに仕上げる

味も付けやすくトロトロに仕上がります!

 

最後に

トマト缶やケチャップを使ってもおいしそう…

 

パンでもご飯でもいけるのでメニューを組みやすいですよ!

 

一度食べてから毎年冬に食べるくらいハマったので是非作ってみて下さい!