北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

超絶品!角煮酢豚の作り方!!

f:id:fa-307:20181016233711j:plain

今週のお題「最近おいしかったもの」

ということだったのですぐに頭に浮かんだものがこれ!そう!角煮酢豚

 

角煮だけでも十分美味しいものをなんと酢豚にしてしまったのです!!

 

たまにお店で見るけれども、考えた人は本当に天才。

 

作るのに時間はかかりますが、作る難易度は

高くないのです!

 

まさに胃袋をガッと掴むのにふさわしい1品!

 

では、作っていきましょう!

 

  • 材料
  •  作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

材料

 角煮

  • 豚バラ肉・・・・・・800g
  • 油・・・・・・少々

 煮汁

  • ねぎの青い部分・・・・・・1本
  • しょうが薄切り・・・・・・4枚
  • 水・・・・・・約700ml
  • しょうゆ・・・・・・大さじ5
  • 酒・・・・・・大さじ3
  • みりん・・・・・・大さじ3
  • 砂糖・・・・・・大さじ3

 

 タレ

  • 煮汁・・・・・・お玉2杯ほど
  • しょうゆ・・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・・大さじ1
  • 酢・・・・・・ 大さじ2
  • 水溶き片栗粉・・・・・・適量

 

  • ごぼうチップス・・・・・・適量

 

 煮汁がない場合

  • 酢・・・・・・2
  • しょうゆ・・・・・・1/2
  • 酒・・・・・・1
  • 砂糖・・・・・・1/2
  • 水・・・・・・1
  • 水溶き片栗粉・・・・・・適量

の割合でタレを作ってください!

 

 作り方

まずは、角煮を作っていきましょう!

作り方はこちら↓↓

www.kitanokokku.com

 

柔らかく煮込んだ角煮の表面を拭いて片栗粉をまぶし、170℃の高温でサッと揚げる。

 

ごぼうはよく洗い水気を取り、ピーラーで薄く剥いて揚げていく。

揚げ終わったら軽く塩をまぶす。

 

水溶き片栗粉以外のタレの材料を沸かして

火を止める。

水溶き片栗粉を混ぜながら少しづつ入れて、

中火にかける。

 

とろみが足りないようであれば、

火を止めてから水溶き片栗粉を入れる。

再び火にかけていい感じのとろみがついたら、

揚げた角煮と絡めて盛り付けして、

ごぼうチップスを乗せたら

完成!!

 

ポイント

柔らかく煮た角煮を高温の短時間でサッと揚げて下さい!

 

水溶き片栗粉を入れるときは火にかけたまま

入れてしまうとダマになりやすいので、

火を止めた方が失敗しにくいです!

 

火にかけることでとろみが増すので

少し足りないかな?

ぐらいで火にかけると意外と

ちょうどいいとろみになります!

 

黒酢を使う場合は酢の半分を黒酢に

変えてください。

しょうゆを溜まり醤油に変える場合は同じ量で大丈夫です。

 

 

最後に

最近の美味しかったものということでしたが、

最近は自分で作った料理しか食べる機会がないので、どうしても自分が作るものに

なるんですが、たまには誰かに作って貰ったものを食べたくなります…

 

専門学校に入ってから本格的に料理を

始めるまではこんなことは全く

思わなかったんですけれども、やっぱり

誰かに作って貰ったものは美味しく感じます!

 

 

今回のレシピでジューシーで柔らかく作れそうでしょうか?

 

時間はかかるけれど難しくはなく、とんでもなく美味しいので是非作ってみて下さい!

 

続きを読む

おつまみの定番!ジャーマンポテトの作り方!

f:id:fa-307:20181016215739j:plain

今日はフライパン一つだけでホクホクな

じゃがいもとベーコンのかわりにパンチェッタを香ばしく炒めて、おつまみの定番である

ジャーマンポテトを簡単に作っていきたいと思います!

 

じゃがいもを使うので意外と安く作れるのがいいところ!

そしていろいろなお酒に合います!

 

作るのが難しいというイメージを持っている人が周りに意外といたので、簡単に作れる方法を

紹介していきたいと思います!

 

では、作っていきましょう!

 

パンチェッタの作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

 

  • 材料
  • 作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

 

材料

  • じゃがいも・・・・・・4個
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • パンチェッタ・・・・・・40g
  • 白ワイン・・・・・・大さじ2(なければ酒か水)
  • サラダ油・・・・・・大さじ1
  • 粒マスタード・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・2つまみ前後
  • ブラックペッパー・・・・・・適量

 ベーコンを使う場合は4枚

 粒マスタードがなければ酢を大さじ2

 

作り方

まずはじゃがいもは皮をむいて小さめなら1/6のサイズに切る。

(1口サイズに切れていればOK!)

 

玉ねぎは薄切りにする。

 

パンチェッタは1cm幅の棒状に切っていく。

ベーコンの場合も同じサイズに切る。

 

準備は終わり!

 

フライパンに油を引いてパンチェッタを炒めていく。

その時に最初はあまり動かさないこと!

きれいな焼き色が付きにくいため。

 

次に玉ねぎを軽く炒めてじゃがいもを加える。

 

油をじゃがいもに吸わせるように炒めていき、油が無くなってきたら白ワインを加えて蓋をする。

 

火は中火より少し弱いぐらいの火加減にして

6分蒸し焼きにする。

 

竹串がじゃがいもにスッと通るぐらいになればOK!

(もしくは食べてみて固くなければOK!)

 

最後に火を少し強くしてじゃがいもの表面を

カリッとさせる。(数分でOK!)

 

後は粒マスタード、塩、ブラックペッパーを

入れて味付けしたら

完成!!

 

 

ポイント

じゃがいもにパンチェッタから出てきた

美味しい脂を吸わせるのが一番のポイント!

 

 

焼き色を付けたりカリッと焼くときには、

動かさないで焼いた方がうまく焼けます!

 

 

最後に

ホクホク香ばしいジャーマンポテトが

出来そうでしょうか?

 

本場のドイツではジャーマンポテトという

名前ではないみたいですが、よく似た料理の

レシピではスパイスのキャラウェイを

使うことが多いみたいです!

 

言われてみればドイツ料理キャラウェイを使うものが多い気が…

 

とにかくフライパン一つで簡単に作れるので是非作ってみて下さい!

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

 

www.kitanokokku.com

 

続きを読む

簡単に味が染みる!大根と鶏の手羽元の煮物

f:id:fa-307:20181012222457j:plain



定番の味が染みた大根と手羽元の簡単な煮物!

 

北海道はだんだんと冷え込んできて

分厚くよく味が染みた大根がだんだん恋しくなってくる時期ではないでしょうか?

 

今回はそんな大根を作る方法と煮物の基本を

サラッと書いていこうと思います!

 

では、さっそく作っていきましょう!

 

煮卵の作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

 

  • 材料
  • 作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

 

材料

  • 鶏の手羽元・・・・・・4本(できれば6本)
  • 大根・・・・・・厚さ3cmを4個
  • 煮卵・・・・・・2個

 

 A

  • しょうゆ・・・・・・大さじ3
  • みりん・・・・・・大さじ2
  • 酒・・・・・・大さじ1
  • だし汁・・・・・・600ml(ほんだしでも可)
  • しょうが・・・・・・薄切り2枚

 

作り方

大根は切って皮を剥いたら、十字もしくは

格子状に隠し包丁をして面取りする。

(細かく包丁を入れた方が味がしみやすい)

f:id:fa-307:20181015021244j:plain

 

大根を竹串がスッとスッとぎりぎり刺さる様になるまで下茹でする。

 

手羽元を軽く拭いて竹串などでいくつか刺して味が入りやすいようにする。

 

Aをすべて入れて沸かす。

沸いたら手羽元を入れてアクをとり、大根を入れる。

 

弱火にして落し蓋をしたら、10分ほど煮る。

 

10分たったら火を止めて、荒熱を取る。

 

タッパなどに移して、上からピタッとラップをして一晩冷蔵庫で冷ます。

f:id:fa-307:20181015015015j:plain

 

暖めなおして盛り付けたら

 

完成!!

 

 

ポイント

大根は下茹でしていないとゆで汁が大根くさい感じになってしまうので、必ず下茹でしてください。

 

基本的に味を染み渡らせるには大根の場合だと、面取りをして煮崩れしないようにする。

隠し包丁を入れる。

後は煮込んでゆっくり冷ませば仲間でしっかり味が染みてくれます!

 

もし手羽元の軟骨まで食べたいならば、2時間ぐらいは煮込む必要があるでしょう。

 

ただし、30分とか中途半端な時間だと肉が

固くなってしまうだけなので注意すること!

 

煮卵を一緒に作ってしまう場合は冷蔵庫に

入れる前にゆで卵を一緒に入れて

冷やしたらいいと思います!

 

最後に

寒くなってきたら煮物を食べたくなってきますよね!

 

基本的には具材が煮崩れないように煮込んで、ゆっくり冷ましていき浸透圧によって味が

染みていくのを待つだけです!!

 

突き詰めていくと煮物はやっぱり難しいですが、普通に作るのであれば失敗も少なく

簡単なので、あまり料理が得意ではない方も

是非チャレンジしてみてほしいと思います!

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

 

続きを読む

ベーコンの代わりに!パンチェッタと温泉卵の簡単サラダ!

f:id:fa-307:20181012173410j:plain

 

誰でも簡単に作れる温泉卵と前回作った

パンチェッタで簡単なサラダを作りたいと思います!

 

カリカリに焼いた豚肉と温泉卵の組み合わせは安定のおいしさですよね!!

 

ここで言うまでもなく誰もがこれは間違えないやつだろう。

と思うでしょう!!

 

もちろんベーコンでも美味しくできます!

 

では、さっそく作っていきましょう!!

 

パンチェッタのレシピはこちら↓↓

www.kitanokokku.com

 

  • 材料
  • 作り方
  • 温泉卵の簡単な作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

 

材料

  • パンチェッタ・・・・・・50g
  • 温泉卵・・・・・・1個
  • ベビーリーフ・・・・・・1パック
  • カイワレ大根・・・・・・1/2パック
  • お好みのドレッシング・・・・・・適量
  • チーズ・・・・・・お好みで
  • ブラックペッパー・・・・・・お好みで

 

作り方

パンチェッタを1cm幅の棒状に切りカリカリに焼いていく。

 

器に野菜を盛り付けて、お好みのドレッシングをかける。

 

割った温泉卵と油を切ったパンチェッタを乗せる。

 

お好みでチーズとブラックペッパーをかけたら

完成!!

 

 

温泉卵の簡単な作り方

温泉卵の基本的な作り方は65℃前後のお湯で30分で作れますが、

家に温度計ある家って少ないですよね?

 

そこで今回は温度を計らずに適当に作っても、

温泉卵が出来るように作っていきたいと思います!

 

深い鍋に卵が漬かりきるより少し多めのお湯を沸かします。

 

完全に沸いたらコップ1杯程度の水を入れて、火を一番弱くします。

 

そこに冷えたMサイズの卵を入れて28分。

(Sサイズなら-2分、Lサイズなら+2分で試してください!)

 

終わったらすぐに氷水で冷やしたら

完成!!

 

 

ポイント

オススメはシーザードレッシングがよく合うと思います!

基本的には洋風のドレッシングと一番相性がいいと思いますが、

一番大事なことは好きなドレッシングを使ってください!

 

野菜はサラダに使える野菜なら何でもいいと思います!

 

葉物の野菜を使うときは10分ほど

冷たい水につけてしっかり水気を切った後、

冷蔵庫でよく冷やすとシャキッとします!

 

温泉卵を作るときに卵を入れたままふたを閉めないこと!!

(温度が高くなりすぎるため)

 

お湯は多めの方が温度の変化が少ないので失敗が少ないです!

 

 

最後に

温泉卵さえ事前に作っておけば、

5分前後で作れるので

時間がない時にピッタリではないでしょうか?

 

ベーコンを使うならブロックベーコンの方が

具材として食べた感じがあるのでお勧めです!

 

誰でも簡単に洋食を作れるのでお勧めです!

是非作ってみて下さい!!

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com

続きを読む

下茹で無しで角煮を柔らかく作る方法とは?

f:id:fa-307:20181009010054j:plain

 

自宅でトロッとした角煮を作るのは大変だし難しい。

と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

実は簡単なんです!

 

そこで!!

 

今回は下茹でなし!圧力鍋なし!でトロッとした角煮を作ります!

 

下茹で無しじゃ脂っこいだろ!!!

 

という方もご安心ください。

 

それでは、角煮を食べるのに歯いらないんじゃないか?

 

と言えるようなものを作っていきましょう!!

 

 

  • 材料
  • 作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

 

 

材料

  • 豚バラ肉・・・・・・800g
  • 油・・・・・・少々

 煮汁

  • ねぎの青い部分・・・・・・1本
  • しょうが薄切り・・・・・・4枚
  • 水・・・・・・約700ml
  • しょうゆ・・・・・・大さじ5
  • 酒・・・・・・大さじ3
  • みりん・・・・・・大さじ3
  • 砂糖・・・・・・大さじ3

 

 煮卵

卵4個の場合

  • しょうゆ・・・・・・大さじ3
  • 水・・・・・・大さじ4
  • みりん・・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・・大さじ1

 

煮卵の作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

 

 

作り方

まずは自分が食べたいサイズより少し大きく切る。

(思ったより縮みます)

 

フライパンに少し油を引く。

 

中火より少し弱い火で脂身からじっくり焼き

脂抜きしていきます。

 

f:id:fa-307:20181009015500j:plain

 

最低これくらいは脂身に色がついていた方がいいかと思います。

 

脂身を焼いたら全体も焼いていきます。

 

これは脂身ほど焼かなくても大丈夫です!

写真くらいの焼き色になればOK!

 

全体に焼き色が付いたらねぎとしょうが以外の

煮汁の材料すべて入れて焼いた豚肉を入れていく

 

一度強火でしっかり沸かしたらアクと油を取り除く。

 

ねぎしょうがを入れて再び沸かしてアクと油を取り除く。

 

肉が煮汁からはみ出ていないか確認し

足りなければ水を足して落し蓋をする。

(浮いてくるのは大丈夫です)

 

火はぎりぎり沸いている状態をキープできる火加減。

 

 

クッキングペーパーで落し蓋を作る。

f:id:fa-307:20181009022809j:plain

中心を決めてこの形に折る。

 

f:id:fa-307:20181009022820j:plain

何度か繰り返してこれぐらいのサイズにする。

 

f:id:fa-307:20181009022828j:plain

半径を決めて両端切り落とす。

 

f:id:fa-307:20181009022837j:plain

取んな感じ。

 

肉に串を刺してみてスッと刺さればOKです!

 

今回は大きめで幅10cmくらいで2時間ほど

火にかけました。

 

これをゆっくりと一晩冷まして味を染み込ませる。

(この煮汁で一緒に煮卵作ってもおいしいです!)

 

 

再度暖めて盛り付ければ

完成!!

 

 

ポイント

最初に焼くときにじっくり脂を落として

脂くどさをなくしてください!

 

ゆっくり冷ますことで味が染みていきます!!

 

 

最後に

余った煮汁は薄めて炊き込みご飯や別な煮物

炒め物、などに使えます!

 

もしほかにスパイスを加えるとしたら

八角、シナモン、五香粉などがいいと思います!

 

意外と簡単ですので是非作ってみて下さい!

続きを読む

簡単!失敗なしの煮卵の作り方!!

f:id:fa-307:20181008002131j:plain

 

今日はみんな大好きな煮卵を作っていきます!!

 

簡単そうで意外と奥が深いですよね…

 

卵黄の具合だとか味の染み込み具合だとか。

 

自分でもここまで理想の煮卵ができないとは思っていなくて

おかげで卵を買い足す羽目に…

 

 

でも、失敗作を生み出し続けて来たからこそ

これだよ!これ!!

って言える煮卵が出来ました!!

 

では、早速作っていきましょう!!

 

 

  • 材料
  • 作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

 

材料

 

  • 卵・・・・・・4個

 

  • しょうゆ・・・・・・大さじ3
  • 水・・・・・・大さじ4
  • みりん・・・・・・大さじ1
  • 砂糖・・・・・・大さじ1

 

 

作り方

まずは卵が浸かるくらいのお湯を沸かします。

 

冷えた卵沸いたお湯

の中に静かに入れていきます。

(おたまなどを使って)

 

 

 

f:id:fa-307:20181007003321j:plain

 

静かにお湯が揺れるぐらいの中火にする。

(殻が割れる恐れがあるため)

 

お好みの時間茹でていきます。

 

今回は6分半で茹でました。

 

6分~8分が半熟のゆで時間なのでお好みの時間で。

 

茹で終わったら氷水に入れる。

 

最低でも3分半は冷やしたいところ。

 

 

 

冷やしている間に調味料を合わせて火にかけて沸かします。

 

面倒であれば電子レンジでもOK!!

 

熱い状態にして砂糖を完全に溶かすこと!!

 

 

次に卵の殻を割り、ジップロックにいれて

調味料を入れて空気を抜いて閉じる。

 

この時ほぼ真空状態にすること!!

 

(無ければポリ袋などを使って)

 

 

f:id:fa-307:20181008002154j:plain



 

半日ほどたったら…

完成!!

 

 

ポイント

殻を剥くときに流水もしくは、水の中で剥くと

白身とからの間に水が入っていくため、

早くきれいに剥ける。

 

調味料は熱い状態でジップロックに入れること!

(液体が冷めていくことにより味が染み込んでいく。)

 

卵は冷えたものを使うこと!

(卵黄が固まるのを遅らせるため)

 

お湯は完全に沸いてから卵を入れた方が

失敗が少ないです!!

 

 

卵を茹でるときに火を中火にする理由がもう一つあって、

実はボコボコ激しく沸いているものと、

静かに沸いているもののお湯の温度は

ほとんど変わらないんです!!

 

だから食材のためにも節約のためにも、

基本的には一度お湯を沸かして食材を入れたら

静かに沸いている状態を維持するように

火を調整した方がいいです!

最後に

どうでしょうか?

この記事を見て自分の理想の煮卵が作れそうでしょうか?

 

めんつゆのみで作るのも簡単で失敗も少なく

美味しいのでいいと思うんですが、

やっぱり自分の中の理想とは違っので

今回のレシピになりました!!

 

簡単に出来ると思うので是非やってみて下さい!

 

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

続きを読む

家庭で簡単!パンチェッタの作り方!!

f:id:fa-307:20181006001006j:plain

 ベーコンをよく買う方必見!

 

ベーコンを買うより安くておいしい!!

 

難しいことをしないでパンチェッタを作っていきます!!

 

この間のコストコで買った豚バラ第1弾!!

 

パンチェッタのざっくりとした説明をすると

ベーコンを燻製する前の状態こと!

と思っていただければイメージしやすいと思います!

 

つまりパンチェッタを燻製にするとベーコンになります。

 

ちなみに豚バラを使ったものはパンチェッタ

とんとろ又は、ほほ肉にあたる部分を使ったものはグアンチャーレ

と呼ばれています。

 

 

 

基本的にはたまに様子を見るだけですので

早速作っていきましょう!!

 

 

  • 材料
  • 作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

材料

  • 豚バラ肉・・:・・・・500g
  • 塩・・・・・・45g
  • 砂糖・・・・・・15g
  • ブラックペッパー・・・・・・適量
  • お好みのハーブ・・・・・・適量

(ハーブはローリエ、ローズマリー、タイム、セージなど)

 

 

作り方

調理器具はきれいなものを使うこと!!

 

豚バラ肉にフォークや竹串などで軽く刺していく。

(味が浸透しやすくなる)

 

材料を均等にまぶしていく。

 

バットに網を引き豚バラ肉を乗せる。

これを冷蔵庫で2日放置。

1日ごとに様子を見る。

 

f:id:fa-307:20181006001029j:plain

 

 

網がないので仕方なく箸で代用。

 

バットに水分がたまってくるので肉が水分に

触れなければOK!

 

2日経ったらキッチンペーパーで軽く拭いてから

キッチンペーパー→ラップの順番にくるんで2日置く。

 

1日ごとにペーパーとラップを変える。

 

最後はラップにくるんで2~3日旨味を凝縮させれば

完成!!

 

 

ポイント

とにかく菌に気を付けること!!

 

塩がきつい場合は2日目に5分ほど水の中に入れて

塩抜きしてください!

 

ラップはピタッとできるだけ空気が入らないように

すること!!

 

水分が食べ物を悪くするので保存している時もたまにラップを変えてください!

 

最後に

毎日様子を見る必要がありますが意外と手間は

かからないと思います!

 

パスタに入れると全然味が違ってくるんですよね~

旨味が詰まっているのがよくわかると思います!

 

豚バラ肉を安く買えたら是非やってみて下さい!

 

 

パンチェッタを使ったレシピ↓

www.kitanokokku.com

続きを読む

ミニトマトとアンチョビのシンプルパスタ

f:id:fa-307:20181001223918j:plain

 

 

今日は一人前120円で作ります!

ミニトマトアンチョビでシンプルなパスタなんですが、

本格的なレシピをできるだけ簡単に作りたいと思います!

 

アンチョビが常にある家ってなかなか無いとは思いますが

チューブでもフィレでもいいので一度使ってみてほしいです!

 

かなり保存も効くので頻繁に使う必要が使う無いのと

ぼんやりとした味にはなりにくいと思います!

 

 

もちろんアンチョビなしでも大丈夫ですので、

作っていきましょう!!

 

 

  • 材料
  • 作り方
  • ポイント
  • 最後に

 

 

 

材料

  • パスタ・・・・・・100~150g
  • ミニトマト・・・・・・3個ほど
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • しいたけ・・・・・・大きめ1個(お好みのもの)
  • アンチョビ・・・・・・1本(チューブは2cmほど)
  • にんにく・・・・・・1片
  • ゆで汁・・・・・・40ml前後
  • 塩・・・・・・適量
  • ブラックペッパー・・・・・・適量
  • オイル・・・・・・適量
  • EXバージンオイル・・・・・・1まわし

 

 

 

作り方

 

ミニトマトはヘタを取って1/2に切る。

 

しいたけはいしづきをと取って薄切りに切る。

 

玉ねぎも薄切りに切る。

 

にんにくは縦に1/2に切り芯を取り、薄切りに切る。

 

準備完了!

 

 

 

 

にんにくが浸かるほどのオイルを引き、

火にかける。

 

音がしてきたら弱火にしてじっくり香りを出す。

 

色が付いているきたらアンチョビを入れて軽くほぐして、玉ねぎを炒めていく。

 

この辺でパスタを茹でたらちょうどいい感じです!

 

少し火が入ったらミニトマト、しいたけを入れて塩をひとつまみ入れる。

 

 

全体的に火が通ってきたらミニトマトを軽く潰して茹で汁を入れる。

 

ここで鍋底にコゲが付いていたら木ベラなどで取り(旨味の塊)ブラックペッパーを塩をひとつまみ入れる。

 

これでソースは完成!

後は仕上げるだけ!!

 

 

f:id:fa-307:20181006000540j:plain

 

 

 

茹でたパスタを入れて、EXバージンオイルを入れて乳化させる。

 

とろりとしてきたら味を見て、盛り付ける。

 

仕上げにブラックペッパーをかけたら

完成!!

 

 

ポイント

 

 

にんにくが完全に色がつく前にアンチョビ、

玉ねぎを入れてコゲないようにする。

 

ミニトマトはすぐに潰すとエグ味が出るので

少し火を入れてから潰す。

 

テフロンのフライパンだとコゲがうまくつかないですが気にしなくて大丈夫!

コゲと言っても真っ黒なコゲではなく

焼き色のようなコゲ!

 

 

最後に

きのこは好きなのを使ってください!

 

野菜の組み合わせもいろいろなもので試してください!

 

パスタは水で戻したものを使ってもいいんですが、一度茹でた方が僕は美味しく感じます。

 

 アンチョビを使うとお店の味に近くなると思うので

是非やってみて下さい!!

 

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com

続きを読む