北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

大学芋レシピ!カリカリしゃりしゃりな白い大学芋の簡単なレシピ!

スポンサーリンク

大学芋

今回作るのは少し変わった

白い大学芋を作ります!

 

シャリシャリしていているのが特徴!!

 

クリスマスにこんなアーモンドを見たことないですか?

f:id:fa-307:20190125232007j:plain

砂糖を絡めたアーモンド

これをイメージして作ってみました!

 

学生時代に1度作ったもので、

作り方は覚えているけれども

名前は忘れてしまった…

 

簡単なので早速作っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

カリカリな白い大学芋の材料

  • さつまいも・・・・・・650g
  • 砂糖・・・・・・100g
  • 水・・・・・・50g
  • 油・・・・・・適量
  • 黒ゴマ・・・・・・適量

 

サツマイモ650g↓

f:id:fa-307:20190125214919j:plain

さつまいも選びのコツと

電子レンジで作る焼き芋↓

www.kitanokokku.com

カリカリな白い大学芋の作り方

まずは芋を切っていきます。

切り方はお好みで!

  • きれいな輪切り
  • カリカリとした乱切り
  • 食べやすい棒状
  • 皮がないタイプ

形はこんな感じです。

好きな形に切りましょう!

 

ちなみに今回カリカリにしたいので乱切りにします。

 

切ったら水にさらしアクを抜きます。

f:id:fa-307:20190125214921j:plain

浸かりきらない場合はたまに混ぜれば大丈夫です。

 

時間は10分前後で

水は2~3回変えた方がいいと言われていますが、

水は変えていません。

付けた後に最後にサッと洗い流すだけ

 

水を変えなくても特にさつまいもの色が

変わったりすることもなく味も気になりません。

 

アクを抜き終わったらサッと洗い流す。

アクが出た水↓

f:id:fa-307:20190125214959j:plain

しっかりと水気を切ります。

次は油を使うのではねないように水気を取ります。

 

今回は油を少なめに揚げ焼きのような感覚で作ります。

f:id:fa-307:20190125214938j:plain

底から2~3cm程油を引き火にかけます。

 

最初は160℃の温度でゆっくりと揚げます。

こうすることで甘味が増します。

f:id:fa-307:20190125215059j:plain

角に色が軽くついてきたらひっくり返して火を強くします。

180℃まで上げて色を付けます。

 

色がついたら取り出します。

f:id:fa-307:20190125214855j:plain

 

後は絡めていくだけ!!

砂糖と水を合わせて強火にかけます。

f:id:fa-307:20190125214904j:plain

しっかりと砂糖を溶かして沸騰させます。

 

後は黒ゴマと揚げたさつまいもを入れてじっくり火にかけていきます。

 

火加減は中火と弱火の間。

 

だんだん水分が無くなっていきます。

f:id:fa-307:20190125214846j:plain

ごめんなさい黒ゴマ入れ忘れてました!!

本来ならこの段階で黒ゴマも入っています。 

 

ここまで来たら急に固まってくるので混ぜ続けること!

f:id:fa-307:20190125214839j:plain

ここまで固まればOK!

 

後は盛り付けて完成!!

スポンサーリンク

 

カリカリな白い大学芋のポイント

しっかりと砂糖を溶かしてからさつまいもと黒ごまを入れる

 

上手く固まらまい場合があるので完全に砂糖を溶かそう!

 

弱い火で混ぜ続けること

固まるときは急に固まります!

なのでしっかりと混ぜ続けて下さい!

 

さらに甘くしたい&塩味をつけたい場合は

さつまいもを塩水に10分程漬けて下さい!

1Lに対して5~8gの塩

 

5分あく抜き→10分塩水

これを最初の段階にしておくだけ!

最後に

甘じょっぱい味にしたいときは、

水40ml、醬油10mlにするだけ!

 

色がつかないようできれば薄口しょうゆを

使った方がきれいに仕上がる。

 

濃口なら塩と混ぜて使うとちょうどいい!

 

意外と簡単に作れるので是非作ってみて下さい!!

 

深い揚げ鍋そろそろほしい。

さつまいも選びのコツと

電子レンジで作る焼き芋↓

www.kitanokokku.com