北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

かぼちゃのクリームパスタのレシピ!牛乳や豆乳でも作れる!

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181113022102j:plain

ハロウィンで余ったかぼちゃ、もしくは

ポタージュなどが余ってはいませんか??

 

そんな方にオススメしたいパスタ!

 

パスタなら量も調整しやすいから余り物のリメイクにピッタリ!!

 

もちろん牛乳でも豆乳でも大丈夫!!

 

材料もお好きな物を使って行きましょう!

 

パスタの種類はショートパスタがオススメ!

ちなみに今回はこれ!

f:id:fa-307:20181113022355j:plain

f:id:fa-307:20181113022407j:plain

名前はカヴァテッリ

イタリアに行った時の自分へのお土産用に買い込んだものです!

 

クリームトマトソースと相性抜群!

ちょっとスープっぽく仕上げるのがポイント!

 

貝殻みたいな形をしています!

 

似ていて馴染みのあるものだと

オレキエッテって言う名前の

耳たぶみたいなパスタです!

 

もちろんスパゲティでも大丈夫です!

とりあえず作って行きましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

材料

2人前

  • パスタ・・・・・・160gロングなら240g
  • かぼちゃ・・・・・・200g                               (小さめのかぼちゃなら半分くらいのサイズ)
  • パンチェッタ・・・・・・80g
  • タマネギ・・・・・・1/2個
  • しいたけ・・・・・・3個

 

 

  • クリーム・・・・・・150ml
  • バター・・・・・・10g
  • オリーブオイル・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・適量
  • ブラックペッパー・・・・・・お好みの量
  • ゴルゴンゾーラあれば少し

 

パスタを茹でる時のお湯の塩は1リットルにつき10gの塩で茹でる。

 

材料を変える場合は

パンチェッタ→ベーコン、ひき肉

しいたけ→好きなきのこ

などがいいと思います!

 

パスタは他にもペンネやフジッリなど

いろいろ種類があるので、

お好きな物を使って下さい!

 

クリームを牛乳や豆乳に変える場合

牛乳又は豆乳を200ml

バターを15gに変える。

作り方は同じで半分くらいになるまで煮詰めていってください! 

作り方

まずは材料の準備!

 

かぼちゃはラップで包み電子レンジで3分→ひっくり返して3分で柔らかくする。

 

種と皮取り除き、3㎝角ほどのサイズに切る。

 

パンチェッタは1㎝幅の棒状に切る。

 

玉ねぎ、しいたけはスライスにする。

 

お湯を沸かしておく。

 

これで準備完了!

 

 

まずはフライパンにバターを引いて中火にかける。

泡が小さくなって来たらオリーブオイルとパンチェッタを入れる。

 

軽く火が入って来たら弱火にして、

玉ねぎと塩をひとつまみ入れて炒める。

 

この辺でパスタを茹でていきましょう!

ショートなら時間通りに茹でる。

ロングは2分短く茹でる。

 

しんなりしてきたらしいたけを入れてさらに炒めていく。

 

しいたけに火が入ったら、クリームと

かぼちゃを入れて煮詰めていく。

 

半分くらいの量になってきたらOK!

 

ここに茹で汁を足して少し煮込んでから、

かぼちゃを崩して味をなじませて行きます!

 

かぼちゃは完全に崩れなくてもOK!

 

煮詰まってきたら一度味をみて

薄ければ茹で汁、良ければお湯で

濃度と味を調整しましょう!

 

茹でたパスタを入れてまた1分ほど煮込んで、パスタに味を含ませていく。

 

最後に味をみて盛り付けて仕上げに

ブラックペッパーとゴルゴンゾーラを少し乗せて完成!!

 

スポンサーリンク

 

ポイント

今回はかぼちゃを木ベラなどで崩して、

あえて少し残るようにしています!

 

具材に塩を入れてじっくり炒めるので、

コンソメが無くてもいい味がでています!

 

ショートパスタはかなり水を吸うので少しスープっぽく仕上げること!

 

ゴルゴンゾーラは味のアクセントに

加えていますが、もちろん無くても大丈夫です!

 

最後に

野菜と肉を塩を加えて、少し煮込むだけで

かなり美味しい味になってくれます!

 

コンソメいらずです!あれ意外と高いですよね?

便利で簡単ですが!

 

寒くなってきたことですし体も温まるので是非作ってみて下さい!

 

 少し形は違いますがこれもおいしいですよ!

トマトソースやクリームソースがおすすめ!

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com