北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

安くステーキ肉を玉ねぎを使って柔らかくする!最高のソースも紹介!

スポンサーリンク

ステーキ

今日は安くて薄いステーキ肉を柔らかくしていきます!

 

玉ねぎとエリンギを漬け込んで酵素の力で柔らかくしていきます!

 

そしてそれを使ったソースを紹介!

 

肉の厚さは1.5cmの厚さです。

 

薄い肉の時の焼き方も紹介していきます!

 

玉ねぎを使った方法は有名ですが

今回のメインは焼き方とソース!

 

それでは作っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

玉ねぎを使った柔らかいステーキの材料

  • 牛肉・・・・・・1枚(200g程)
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • エリンギ・・・・・・1本
  • 塩・・・・・・2つまみ程
  • オイル・・・・・・適量
  • バター・・・・・・1かけ
  • にんにく・・・・・・1片(お好みで)

ソース

  • 玉ねぎ
  • エリンギ
  • 醬油・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・1つまみ
  • オイル・・・・・・適量

玉ねぎとエリンギは肉に使ったものを使います。

 

お好みでワインやスパイスと漬け込んでもOK!

 

玉ねぎを使った柔らかいステーキの作り方

まずは玉ねぎとエリンギをみじん切り。

 

これを肉に漬け込んでいきます。

f:id:fa-307:20190215030346j:plain

時間はだいたい3時間は漬けておきたい。

 

つけ終わったら玉ねぎとエリンギを落とす。

 

先に玉ねぎの方から炒めていきます!

 

オイルを引く。

玉ねぎ、エリンギ、塩を1つまみ入れて炒めます。

 

火加減は中火と弱火の間。

 

その間ににんにくのチップを作ります!

 

にんにくが浸かるくらいの油を引いて

じっくりと火にかけていきます。

 

医らがついたら1度取り出します。

f:id:fa-307:20190215030212j:plain

今フライパンの中にはにんにくのオイルがある状態!

 

そこにバターを入れて火にかけます。

f:id:fa-307:20190215030203j:plain

植物性の油にバターを入れるとバターが焦げにくくなります

 

肉に2つまみの塩をします。

両面に1つまみずつ。

 

フライパンが温まったら冷たいままの肉を入れていきます!

強い火で一気に焼きます!

f:id:fa-307:20190215030228j:plain

漬け込んでるので色が少し変わっています。

 

軽く焼き色を付けて返します。

f:id:fa-307:20190215030250j:plain

もう少し焼き色付けたかった…

 

 ひっくり返して10秒たったらOK!

 

取り出しましょう!

 

焼いたフライパンに水を入れます!

量は50~100ccくらい。

結構適当でもOK!

f:id:fa-307:20190215030302j:plain

フライパンについた焼き色を水で落とします。

 

それを炒めている玉ねぎに入れます!

f:id:fa-307:20190215030320j:plain

後は醬油を入れたら完成!!

スポンサーリンク

 

玉ねぎを使った柔らかいステーキのポイント

 しっかりと全体が浸かる様にする

固さにばらつきがでて柔らかくないところが出てきてしまいます。

 

冷たい肉を使う

厚さがあまりないので火が入りすぎないように

冷たい肉で短時間に仕上げていきます。

 

肉汁が出てくるよりも早く!!

 

玉ねぎはすりおろしでも構いませんが、

ソースに使うのでみじん切りにしています!

ステーキを柔らかくするほかの方法

肉の繊維を切ったりほぐすことで柔らかくなります!

 

方法は大きく分けて3つ

 

酵素の力で柔らかくする

フルーツや野菜の酵素の力で漬け込んで

柔らかくします。

 

酸の力で柔らかくする

酢や炭酸を漬け込んで柔らかくします。

 

道具を使って柔らかくする

ミートハンマーや包丁を使ってたたいたり、

筋を切ったりして柔らかくします。 

最後に

今回は薄い牛肉を使って作りました!

 

やっぱりステーキは熱々のを食べたい!!

 

 1.5cmくらいの厚さであれはサッと焼いて

すぐに食べるのが一番おいしいかなと思います!

 

特売の牛肉をゲットしたら是非作ってみて下さい!

 

 合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com