北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

じゃがいもとチーズのガレット!細切りを楽にしておいしく作る!

スポンサーリンク

じゃがいもチーズガレット

今回はじゃがいものガレット

 

チーズ入りのガレットにしてます!

 

夜にどうしてもじゃがいも食べたくなってしまった時に作った一品。

 

基本的にはじゃがいもを細切りにして、

焼いていくだけ!

 

チーズ以外にもツナやコーンビーフ、

ベーコンとか挟んでもおいしそう!

 

もちろん何も挟まなくてもおいしいですよ!

 

それでは作って行きましょう!

 

以前作った長芋ガレット!

www.kitanokokku.com

 

じゃがいもとチーズのガレットの材料

  • じゃがいも・・・・・・500g
  • チーズ ・・・・・・50g
  • オイル・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・適量

使うじゃがいもはとうやという種類がおすすめ!

男爵系のじゃがいもの方がおいしいと思います!

 

細切りが面倒なときはこれを使えばすぐに出来ます!

 

スライサーは怪我をしやすいのでガードがついている方がおすすめ!

 

 

じゃがいもとチーズのガレットの作り方

まずはじゃがいもの皮をむいて細切りにする。

 

フライパンに多めの油を引いて、

じゃがいもを引き詰めて焼いていく。

 

火加減は中火と弱火の間。

ガレット焼き

その時に押しつぶしてあげて隙間を無くして行きます!

 

間にチーズを入れてその上からじゃがいもを乗せる。

 

たまに動かして全体に焼き色がつくようにします。

油が足りなければフライパンの周りから足していく。

 

焼い色がついたら反対側も焼いていく。

 

ひっくり返すのが難しい場合は大きなお皿や

蓋に一度載せてひっくり返すと簡単です!

 

返したらここで塩をします。

 

反対側もうまく焼けたら盛り付けて…

完成!!

 

じゃがいもとチーズのガレットのポイント

切ったじゃがいもは水にさらさない

細切りのじゃがいもを水にさらすか、

さらさないかで意見が分かれますが、

自分はさらさないで作ってます!

 

その方が余計な水分も残らないし、

焼き固めるためのデンプンも流れないからです!

 

水気があると油が跳ねて危ないし、

焦げやすくなりますよ!

 

塩は焼けた後にする

これも水分が出ないため!

 

油が跳ねて焦げやすくなります!

 

たまにフライパンをゆする

たまにガレットを動かしてあげることで

全体にきれいに焼き色がつきます!

 

 

失敗する原因として考えられるのは

切った時の細さが考えられます。

 

細くないと固いのでじゃがいも同士が密着しにくいです。

 

切るのが苦手ならスライサーを使うと安定します!

 

あとはしっかり押して焼いて行きましょう!

最後に

じゃがいもを使ったガレットは簡単でおいしいし

サッと作れるのでおすすめ!

 

このスライサーを使えば細切りの一瞬で終わる!

 

じゃがいもを大量消費したい時にもおすすめなので

是非作ってみて下さい!

 

 

合わせて読みたい↓

 パンチェッタで作るジャーマンポテト!

www.kitanokokku.com