北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

簡単ジャーマンポテトの作り方!いろいろな酒に合うおつまみの定番!

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181113004840j:plain

今日はフライパン一つだけでホクホクな

じゃがいもとベーコンのかわりにパンチェッタを香ばしく炒めて、おつまみの定番である

ジャーマンポテトを簡単に作っていきたいと思います!

 

じゃがいもを使うので意外と安く作れるのがいいところ!

そしていろいろなお酒に合います!

おかずにもピッタリ!!

 

作るのが難しいというイメージを持っている人が周りに意外といたので、簡単に作れる方法を

紹介していきたいと思います!

 

では、作っていきましょう!

 

パンチェッタの作り方はこちら↓

www.kitanokokku.com

 

スポンサーリンク

 

材料

  • じゃがいも・・・・・・4個
  • 玉ねぎ・・・・・・1/2個
  • パンチェッタ・・・・・・40g
  • 白ワイン・・・・・・大さじ2(なければ酒か水)
  • サラダ油・・・・・・大さじ1
  • 粒マスタード・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・2つまみ前後
  • ブラックペッパー・・・・・・適量

 スライスベーコンを使う場合は4枚

 粒マスタードがなければ酢を大さじ2

 

作り方

まずはじゃがいもは皮をむいて小さめなら1/6のサイズに切る。

(1口サイズに切れていればOK!)

 

玉ねぎは薄切りにする。

 

パンチェッタは1cm幅の棒状に切っていく。

ベーコンの場合も同じサイズに切る。

 

準備は終わり!

 

フライパンに油を引いてパンチェッタを炒めていく。

その時に最初はあまり動かさないこと!

きれいな焼き色が付きにくいため。

 

次に玉ねぎを軽く炒めてじゃがいもを加える。

 

油をじゃがいもに吸わせるように炒めていき、油が無くなってきたら白ワインを加えて蓋をする。

 

火は中火より少し弱いぐらいの火加減にして

6分蒸し焼きにする。

 

竹串がじゃがいもにスッと通るぐらいになればOK!

(もしくは食べてみて固くなければOK!)

 

最後に火を少し強くしてじゃがいもの表面を

カリッとさせる。(数分でOK!)

 

後は粒マスタード、塩、ブラックペッパーを

入れて味付けしたら

完成!!

スポンサーリンク

 

ポイント

じゃがいもにパンチェッタから出てきた

美味しい脂を吸わせるのが一番のポイント!

 

 

焼き色を付けたりカリッと焼くときには、

動かさないで焼いた方がうまく焼けます!

 

最後に

ホクホク香ばしいジャーマンポテトが

出来そうでしょうか?

 

本場のドイツではジャーマンポテトという

名前ではないみたいですが、よく似た料理の

レシピではスパイスのキャラウェイを

使うことが多いみたいです!

 

言われてみればドイツ料理キャラウェイを使うものが多い気が…

 

とにかくフライパン一つで簡単に作れるので是非作ってみて下さい!

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

 

www.kitanokokku.com