北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

手作りパンチェッタの簡単なレシピ!家庭でもできる!

スポンサーリンク

パンチェッタ レシピ

ベーコンをよく買う方必見!

 

ベーコンを買うより安くておいしい!!

 

難しいことをしないでパンチェッタを作っていきます!!

 

 

パンチェッタのざっくりとした説明をすると

豚バラ肉を塩漬けにしたもので、

ベーコンを燻製する前の状態こと!

と思っていただければイメージしやすいと思います!

 

つまりパンチェッタを燻製にするとベーコンになります。

 

ちなみに豚バラを使ったものはパンチェッタ

とんとろ又は、ほほ肉にあたる部分を使ったものはグアンチャーレ

と呼ばれています。

 

フランスにある似ているものだとプティサレと呼ばれています。

www.kitanokokku.com

 

基本的にはたまに様子を見るだけですので

早速作っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

パンチェッタの材料

  • 豚バラ肉・・:・・・・500g
  • 塩・・・・・・30g
  • 砂糖・・・・・・10g
  • ブラックペッパー・・・・・・適量
  • お好みのハーブ・・・・・・適量

(ハーブはローリエ、ローズマリー、タイム、セージなど)

 塩はできれば粗い塩の方がいいです。

 

1日ぐらいですぐに使いたい場合は

塩を10g、砂糖を3gにすると塩抜きなしで作れます!

パンチェッタの作り方

調理器具はきれいなものを使うこと!!

 

豚バラ肉にフォークや竹串などで軽く刺していく。

(味が浸透しやすくなる)

 

材料を均等にまぶしていく。

 

バットに網を引き豚バラ肉を乗せる。

これを冷蔵庫で2日放置。

1日ごとに様子を見る。

f:id:fa-307:20181113000914j:plain

網がないので仕方なく箸で代用。

 

バットに水分がたまってくるので肉が水分に

触れなければOK!

 

2日経ったら流水で5分さらし塩抜きする。

 

キッチンペーパーでしっかり拭いてから

キッチンペーパー→ラップの順番にくるんで2日置く。

 

1日ごとにペーパーとラップを変える。

 

最後はラップにくるんで2~3日旨味を凝縮させれば

完成!!

 

スポンサーリンク

 

パンチェッタのポイント

とにかく菌に気を付けること!!

 

塩がきつい場合は3日目に5分ほど水の中に入れて

塩抜きしてください!

 

ラップはピタッとできるだけ空気が入らないようにすること!!

 

蒸れて出てきた水分が食べ物を悪くするので保存している時もたまにラップを変えてください!

 

最後に

毎日様子を見る必要がありますが意外と手間は

かからないと思います!

 

パスタに入れると全然味が違ってくるんですよね~

旨味が詰まっているのがよくわかると思います!

 

使うときはじっくりと火を入れて旨味を出していきましょう!!

 

パンチェッタを作ったら1度はカルボナーラを作ってみてほしいです!

格別においしいですので!!

 

豚バラ肉を安く買えたら是非やってみて下さい!

 

パンチェッタを使ったレシピ↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com

 

www.kitanokokku.com