北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

トマト缶で簡単トマトソース!予約の取れない店のレシピ

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181113023210j:plain

今日は日本で1番予約の取れないと言われているお店で、実際に使っているトマトソースのレシピを家庭でも、作りやすいレシピで紹介したいと思います!

 

手順は少し違ってきますが材料とゴールは同じです!

 

今回はあえて野菜をすこし粗目に切って作っています。

特に珍しいものは使わないので安心してください。

もちろん普通のトマト缶で大丈夫です!

 

今まで作っていたトマトソースよりダントツで美味しい!

 

一度は味わってほしい!

いつもより1ランク上の料理になってくれますよ!

 

とりあえず作っていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

材料

  • トマト缶(400g)・・・・・・3缶
  • 玉ねぎ・・・・・・1個
  • 人参・・・・・・1/2個
  • セロリ・・・・・・1/2本
  • にんにく・・・・・・1個
  • オリーブオイル・・・・大さじ3
  • 塩・・・・・・1つまみと2つまみ程

 

セロリはあればで大丈夫ですが、

合った方がおいしいのは間違えなし!

 

トマト缶はカットではなくホール缶がオススメ!

 

作り方

まずは野菜すべてをみじん切りにする。

(にんにくは芯を取ること!)

ここが一番の難所。

 

玉ねぎのみじん切りが意外と難しくて

たたくのではなく、よく切れる包丁で滑らせる様にしないと水分が出てきて、どんどん美味しくなくなります。

 

たかが玉ねぎの切り方と思うかもしれないですが切り方1つで変わってきます。

 

家庭にめちゃくちゃ切れる包丁で上手にみじん切りするのは難しいと思います。

なので今回は野菜は粗めです。

 

イタリアでは野菜は粗め、触感ありの手作り感がでているトマトソースが流行りだそうです。

 

包丁を滑らせるように切ると水分が出にくいです!

 

セロリを使うときはピーラーで根本の方の太い繊維を軽く取って下さい!

 

上が繊維を取ってあるもの。

f:id:fa-307:20181113023439j:plain

もしフードプロセッサーを持っていれば、

玉ねぎ以外の野菜はフードプロセッサーで

細かくしても大丈夫です!

 

鍋に多めの油を引いて火にかける。

にんにくをいれて香りが出てきたら

 

切った野菜と塩を1つまみ入れて

中火と弱火の間の火でじっくりと炒めていく。

f:id:fa-307:20181113023531j:plain

だんだんと人参の色が移ってきて色が変わってきます!

だいたい8~10分はじっくりを火を入れて旨味を出していきます。

 

油が多いかな?って思っても野菜が油を吸ってくれるので大丈夫です!

 

次にトマト缶をボウルに開けて手で細かく潰していきます!

缶の中に残ったトマトジュースは水を中に入れて洗い、洗った水を鍋に入れたら無駄がないです!

潰したトマトも鍋に入れていきます!

f:id:fa-307:20181113023605j:plain

一度沸かしてアクを引いていきましょう!

 

沸いたら中火と弱火の間の火加減で煮詰めていきます!

 

鍋によって違ってきますが1cmは煮詰めました!

目安はこれくらい。

混ぜたら周りに水分があるかなぐらいまで煮詰める。

f:id:fa-307:20181113023210j:plain

軽く塩で味をつけて

煮詰めたら完成!!…って言いたいんですが

この時点でも十分美味しいですが、1晩冷蔵庫で寝かせたら

完成!!

 

しっかりと冷やしてから冷蔵庫に入れましょう!

1晩寝かせるとさらに美味しいですよ!

 

スポンサーリンク

 

ポイント

炒めるときに塩をしてじっくり炒めて旨味を出していきましょう!

(塩の効果で水分が出て旨味が凝縮される)

 

しっかりと煮詰めて味を凝縮させます!

 

トマト缶はカットではなくホールを使う!

(カットは水分が多いため)

 

炒めるときは周りから焦げていくので注意!!

耐熱のゴムベラがあると便利です。

 

 

最後に

お店ではトマトも野菜も大きいまま煮込んで

最後にこして潰していくのですが、

家庭では難しいので最初から細かくしました。

もちろん最初からもっと細かくみじん切りにしてトマトソースを作るお店もあります!

 

後は余ったバジルの葉や茎を一緒に入れて作ることもあるので、

もし家にあれば一緒に入れてみて下さい!

 

保存期間は冷蔵庫で5日ほど、冷凍だと2週間は確実に持ちます!

冷蔵庫に入れるときはフタやラップの水分が中に入らないように注意!!

この水が食べ物を悪くします。

 

冷凍するときはできるだけ空気に触れないようにして冷凍焼けに注意する!!

 

トマトソースの使い道はかなり多いので、

今回は多めに作ってもちゃんと消費できるように、トマトソースを使ったレシピをどんどん出していきますので是非作ってみて下さい!

 

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

 

これは家で使っているゴムベラなのですが、

ゴムベラは耐熱性のものを1本は持っておいた方がいいです。

パスタのソースがフライパンに残りやすいですし。

1本あるだけで料理か楽できれいに作れます。

 

色や匂いが付きやすいため、料理とお菓子で使い分けるのが理想ですがそうはいかないので,家ではたまに漂白して使っています。

ですのでこの白いタイプがおすすめですよ!

 でも黒い方がかっこいいですよね!!