北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

白菜の蒸し煮のレシピ!作り置きして色々なリメイクが出来る!

スポンサーリンク

白菜の蒸し煮

今日は白菜の蒸し煮を作ります!!

 

フレンチのレストランでブレゼ(蒸し煮)

という名前でよく出てきます!

 

感覚的には以前作ったザワークラウトと似たような感覚ですが、

今回はベーコンとバターを入れているので、そのまま食べてもおいしい!!

となるくらい強めの味付けです。

 

ザワークラウトの作り方↓

www.kitanokokku.com

大量に作り置きして肉や魚やパスタなどにリメイクしましょう!

 

それでは作っていきます!

 

スポンサーリンク

 

白菜の蒸し煮の材料

  • 白菜・・・・・・1/6
  • 玉ねぎ・・・・・・1個
  • スライスベーコン・・・・・・3枚
  • バター・・・・・・2かけ
  • オリーブオイル・・・・・・小さじ1
  • 水・・・・・・100cc
  • 白ワインビネガー・・・・・・10cc
  • 塩・・・・・・適量
  • はちみつ・・・・・・2滴(あれば)

 

ビネガーの代わりにレモン汁でもおいしいです。

 

白菜の蒸し煮の作り方

玉ねぎはスライス。

 

ベーコンは1cm幅に切る。

ブロックベーコンを使う場合は1cm幅の棒状に切る。

 

白菜は3cmくらいでざく切り。

 

フライパンにバター1かけとオリーブオイルを入れます。

 

ベーコンを入れて中火でよく炒めて焼き色を付ける。

 

軽く色がついたら玉ねぎと塩を1つまみ入れる。

火を中火と弱火の間にしてじっくり炒めていく。

 

炒めていくとしんなりしてきて玉ねぎにわずかに色つきます。

 

そしたら白菜と水を入れる。

 

1度沸騰させて塩を1つまみ入れて軽く味をつける。

 

沸騰したら弱火にして蓋をする。

 

5分もすれば白菜がくたっとしてきます。

 

くたっとしてきたらビネガー、バター、はちみつ、塩を入れて味を見る。

 

バターを入れたら火を止めて混ぜてバターを一体化させる。

 

足りなければ調整して完成!!

スポンサーリンク

 

白菜の蒸し煮のポイント

ベーコンと玉ねぎをしっかり炒める

ここをしっかり炒めるのが味の1番のポイント!

 

ベーコンと玉ねぎにはしっかりと色を付けるようにに炒めましょう!

 

最初のバターをオリーブオイルを一緒に入れることでバターが焦げにくくなります。

 

最後のバターは入れたら火を止めて分離しないように混ぜます。

 

白菜の蒸し煮の使い道

f:id:fa-307:20190117230754j:plain

肉の付け合わせにしたり魚の付け合わせにピッタリ!

 

白身の魚のムニエルなどと一緒に食べるのがおすすめ!

 

たちが好きな方はたちのムニエルと一緒に食べると最高です!

マジでおいしい。

 

肉なら鳥か豚がおすすめ!

ソースと付け合わせになるので結構楽です。
www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com

 

あとはパスタにもなる!

 

クリームパスタでもいいし、

そのまま茹でたパスタにからめてもOK!

www.kitanokokku.com

めんつゆの代わりにベーコンで味を出すようなイメージ。

 

酸味とクリームの相性はいいですよ!!

 

とにかく!!

たくさん作っておけば簡単にリメイクできる!

 

最後に

この食べ方かなりおすすめ!

 

あっという間に白菜が無くなります。

 

スパイスと一緒に蒸し煮にしてもいいですね!

キャラウェイやクローブやフェンネルなどなど。

 

使い道も豊富なので是非作ってみて下さい!

 

あと!

ビネガーは下手にスーパーで買うよりネットで買う方が安いですよ!

ビネガーは色々使えるので持っておいて損はないです!