北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

ポークステーキのプロの焼き方!ジューシーなステーキにするためには?

スポンサーリンク

ポークステーキ プロ

今回はポークステーキをプロが焼いていきます!

 

ポークステーキががちがちに固かったり

パサパサだったりすることありませんか?

 

どうせならジューシー肉汁たっぷりなステーキを食べたいですよね!

 

ジューシーに焼くための方法や

ポークステーキと相性抜群なおすすめのソースを紹介していきます!

 

動画でも紹介しているので

動画で見たい方はそちらでご覧ください!


プロが焼くポークステーキ!こんがりと焼く秘訣とは?

それでは作っていきましょう!

スポンサーリンク

 

 

ポークステーキのプロの焼き方

以前は450gの大きなポークステーキになりましたが

今回は薄めのポークステーキになります!

 

ポークステーキの材料

  • 豚肉・・・・・・220g(2枚分)
  • 塩・・・・・・2つまみ
  • 胡椒・・・・・・適量
  • オイル・・・・・・大さじ1

塩胡椒がミックスなものを使ってもOK

 

ブラックペッパーでもホワイトペッパーでもどちらでもOK

付け合わせ

  •  ミニトマト・・・・・・3個
  • ズッキーニ・・・・・・3cm分 

ソース

  • 白ワイン・・・・・・大さじ2
  • 塩・・・・・・1つまみ
  • はちみつ・・・・・・小さじ1/2
  • 白ワインビネガー・・・・・・小さじ1

酒、酢でも可 

ハチミツは砂糖でも可

 

豚肉の部位はロースか肩ロースが基本的に使われますが

おすすめは肩ロース!

 

今回の肉の厚さが1cmくらいのものです。

大きな肉で作りたい方はこちら↓

www.kitanokokku.com

ロースと肩ロース違いは?

ロース

  • 柔らかい
  • 脂と肉のバランスがよい

肩ロース

  • アミノ酸が豊富で旨味が強い
  • パサつきにくい

ロースは柔らかくておいしいのでとても好きなのですが、

簡単に作れるのが肩ロース

 

ロースと比べるとパサつきにくいし

肉の味もしっかりとしているのでおすすめ!

 

ポークステーキのプロの作り方

.まずは肉を室温に戻す

だいたい30分くらいは置いておく。

 

こうすることで焼きすぎてパサパサになるのを防ぎます。

 

室温に戻しておけばサッと焼くだけなので楽!

 

.下処理をする

まずはスジ切りをする。

場所はここ

豚肉スジ切り

 

これで焼き縮みを防ぎます 

やればやるほど肉汁が逃げていくので注意!!

 

その後塩を振っていく

 

脂身の部分には少し多めにする。

(脂で塩が流れていってしまうため)

 

付け合わせはミニトマトはヘタを取る

ズッキーニは1cm幅に切る

ズッキーニの厚さ

 

これで準備はおわり!

 

豚肉を焼いていく

.フライパンに油を入れて暖める

しっかりと暖めていく。

 

フライパンが熱くなったら豚肉を焼いていく。

しっかりと焼き色を付けていく。

豚肉を焼く

その時にすぐに返さないこと!

こんがりと焼き色がつくまでガマン… 

 

焼き色がついたら反対側も焼いていく。

豚肉こんがり焼く

反対側はしっかり焼き色を付けなくてもOK!

むしろ反対側もしっかり焼き色を付けたら焼きすぎ。

 

今回は肉の厚さが1cmなので裏面の方は

だいたい1分くらい焼けば大丈夫!

 

.反対にして火が入ったら火を止める

あとは肉を別な場所に移して

余熱で火を通していく。

 

肉の厚さにもよりますがだいたい2分くらい

 

この放置している間に胡椒をかけていきます!

その間にソースも作ります!

ソースを作る

.豚肉を焼いた後のフライパンに白ワインを入れる。

火にかけてアルコールを飛ばし、煮詰めていく。

 

そこに塩、はちみつ、白ワインビネガーを入れていく。

 

味を見てよければ混ぜていきます!

 

まだソースが分離している状態

ソースが分離している状態

そこに塩、はちみつ、ビネガーを入れて

よく混ぜると…

 

こんな感じにうまく乳化出来て

油分と水分が一体化します。

ソースが一体化している状態

 

よく混ぜたらソースの完成!!

 

後は盛り付けて

完成!!

 

スポンサーリンク

 

ポークステーキのポイント

豚肉を室温に戻す

パサつくのを防いで火を入りやすくします

 

必ずこうしなければいけないわけではないですが

やっておいた方がいいです。

 

塩は脂の部分に多めにする

せっかく塩をしたのに脂で流れてしまいます

 

焼くときはあまり動かさない

焼くときの目的は火を通すのも目的ですが

焼き色を付けるのも大事!

 

これがおいしさの秘訣!

香ばしい香りがつくのでこんがり焼き色を付ける

 

焼いた後のフライパンでソースを作る

肉を焼いた後のフライパンには旨味がたっぷり!

 

これを使わない手はないです!

 

これでおいしいソースが作れますよ!

他のポークステーキにおすすめなソース

安定のおいしさのハニーマスタード!

 

このレシピでは鶏肉を使ってますが

ポークステーキにかけてもおいしいですよ

www.kitanokokku.com

ポークチャップも安定のおいしさ!

 

おいしくするちょっとした秘訣を紹介してます!

www.kitanokokku.com

レモンとバターで作るソースはさっぱりとしていて

暑い夏にピッタリ!!

www.kitanokokku.com

ラタトゥイユを付け合わせとソースにしてもおいしい!

 

使うときは水分を少し煮詰めて使うのがポイント!

www.kitanokokku.com

 

最後に

これでジューシーで香ばしいポークステーキが作れます!

 

これだけでいつものとは違うので

是非作ってみて下さい!

 

今回からYouTube始めました!

良ければチャンネル登録していただけるとありがたいです!

 

YouTubeで動画でも紹介しているので

動画で見たい方はこちらをご覧ください!


プロが焼くポークステーキ!こんがりと焼く秘訣とは?