北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

ムースーローのレシピ!プロはこうやってふんわり作る!

ムースーロー

今回は木須肉を紹介!

ムースーローとかムーシーローと読みます。

 

卵ときくらげと豚肉を使った炒め物。

 

自分は中華は専門外ですが、

ふんわりとおいしく作るコツを

知り合いの中華のプロの方に聞いてきました!

 

それを自分の好みのレシピで作ってます。

 

おかげでとてもふわふわでおいしいムースーローが完成してしまいました…

 

それでは作っていきましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

ムースーローのレシピ

今回は乾燥のきくらげを使用!

 

豚肉はお好みの部位で!

 

作るときは耐熱性のゴムベラが作りやすくておすすめ!

 

必ず耐熱性を使うようにお願いします…

自分は過去に溶かした経験あり。

 

これがいつも使っているもので

耐熱性でかなり頑丈ですのでおすすめですよ!

 

他の卵料理はこちら↓

卵 カテゴリーの記事一覧 - 北のコックが気分で料理していく。

 

動画で作り方見たい方↓


【ムースーロー】豚ときくらげのふわふわ卵炒め!

ムースーローの材料

  • 卵・・・・・・4個
  • 豚こま肉・・・・・・100g
  • きくらげ・・・・・・4g程(5つぐらい)
  • 水溶き片栗粉・・・・・・小さじ2
  • 酒・・・・・・大さじ1(あれば)
  • 塩・・・・・・2つまみ
  • 胡椒・・・・・・適量
  • 油・・・・・・大さじ2ほど

水溶き片栗粉の比率は

水:片栗粉=2:1

が基本ですが。

 

今回の水溶き片栗粉を作るときは

水小さじ1片栗粉小さじ1

を合わせて作ります!

 

卵が水っぽくなりすぎるので水を少なくしてます。

ムースーローの作り方

まずムースーローの材料を準備!

 

.まずは乾燥きくらげを水で戻す。

使う物にもよりますがだいたい15分程で戻ります。

 

急いで作るときはぬるま湯を使うと8分くらいで戻ります!

 

分からなければ基本的に袋に戻し方が書いてありますよ!

 

戻したらこんな感じに

きくらげ

これを1/2か1/3のサイズに切っていきます。

 

.次は豚肉。

一口サイズに切っていく。

だいたい3~4cmくらい。

 

下味をつければプロっぽい仕上がりに

つけなければ家庭っぽい優しい味わいに

 

つける場合は

酒大さじ1、醤油大さじ1、片栗粉小さじ1

肉の下味


 

下味をつける場合は卵に入れる塩は1つまみにします。

 

.卵は空気を入れるように溶きほぐして

塩、胡椒、酒、水溶き片栗粉を入れて混ぜる。

卵を溶く


 

これで準備は終わり!

 

ムースーローの具材を火にかけていく

 .フライパンに油を軽く引き豚肉を焼いていく。

強火で軽く火が入る程度でOK!

 

この時に焼き色を付けること!

炒めるより焼いていくようなイメージであまり動かさない。

豚肉を炒める



片面に焼き色がついたらOK!

香ばしさをつけるのが目的。

これがおいしいんだよなぁ…

 

.焼いた豚肉ときくらげを卵の中に入れる。

ムースーローの準備

最後はふんわりと仕上げるだけ!

.フライパンに油を強いて強火で温める。

フライパンの油は大さじ2杯ぐらいがいい感じ!

 

しっかりと温まったら具材の入った卵を入れる。

 

大きく空気を含ませるように炒めていく。

 

卵に火が入って固まったら

盛り付けて完成!!

スポンサーリンク

 

 

電子レンジでムースーローを作る!

なんと電子レンジでも作れます!

 

もちろんフライパンで作った方が

香ばしくてふんわりとします。

 

でも電子レンジでも十分おいしく作れますよ!

 

洗い物が少なくて済むし

火を使いたくないときにおすすめ!

 

電子レンジで作るムースーローの材料

  • 卵・・・・・・4個
  • 豚こま肉・・・・・・100g
  • きくらげ・・・・・・4g程(5つぐらい)
  • 水溶き片栗粉・・・・・・小さじ2
  • 酒・・・・・・大さじ1(あれば)
  • 塩・・・・・・1つまみ
  • 胡椒・・・・・・適量
  • 油・・・・・・大さじ1

豚肉の下味

  • 酒・・・・・・大さじ1
  • 醤油・・・・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・・・・小さじ1
  • 油・・・・・・小さじ1

電子レンジを使うときは必ず耐熱容器を使って加熱。

電子レンジで作るムースーローの作り方

準備はほとんど同じ!

 

きくらげは同じようにしますが、

豚肉と卵は少し違います!

 

電子レンジで作るときは下味をつけて

最後に油を入れてコーティングします。

 

下味をつけないなら油でコーティングだけします。

 

卵は同じように空気を入れながら混ぜて

調味料と一緒に油を大さじ1入れます。

電子レンジで加熱していく

先に豚肉だけ加熱。

500wで2分間加熱。

 

その後卵の中に入れる。

軽く混ぜてから電子レンジへ

500wで2分間加熱。

 

全体をかき混ぜて再び加熱!

500wで30秒加熱。

 

全体的に固まっているなら完成!!

 

使う容器や電子レンジによって差が出てきてしまうので

最後は20秒おきに確認しながら調整してください!

スポンサーリンク

 

 

ムースーローのポイント

卵をふんわりと炒めていきたいとき

  • 油を多めに入れること
  • 強火で一気に仕上げること
  • 空気を含ませるように混ぜる

他のレシピでも書いていますが、

中華で卵をふんわりとするときにはこれが大事!

 

今回はしっかりと卵に火を通すので

水溶き片栗粉を入れて柔らかく作ってます!

 

ちなみに卵焼きにも使えます!

 

大事なことなのでもう一度言います。

卵焼きにも使えます!

 

そして冷めてもある程度柔らかさ保ってます。

 

豚肉は焼き色を付ける

香ばしい風味がプラスされておいしくなります。

 

きくらげを戻すとき

ほんの僅かですが水で戻すと栄養価が流れてしまいます。

 

ぬるま湯で戻すときの方が流れやすいです。

 

もし気になるなら砂糖を加えるとある程度防げます!

使う量は少量でOK!

 

今回なら小さじ1/2g程。

 

きくらげをさらにプリッとさせたいとき

炭酸水を使うとプリッとします!

 

砂糖を使うのも炭酸水を使うのも僅かにしか変わりませんが

試してみたい方はどうぞ!!

ムースーロー以外の中華レシピ

本格油淋鶏!

揚げない作り方も紹介してます!

www.kitanokokku.com

本格天津飯の作り方。

2種類の餡を紹介してます!

www.kitanokokku.com

トマトを使って卵炒めに!

似たようなレシピですがトマトを使うならある工夫が必要!!

www.kitanokokku.com

エビマヨサラダ!

かなりフルーティーなので食べやすく子供に大人気!!

www.kitanokokku.com

 

最後に

大まかな作り方の流れ!

  1. きくらげを戻して切る
  2. 豚肉を切る。下味はご自由に
  3. 卵を混ぜて調味料を加える
  4. 豚肉をこんがり焼く
  5. 焼いた豚肉ときくらげを卵の中に入れる
  6. 具材の入った卵を一気に炒める

 

これで完成!!

 

卵だけ別に炒めるレシピが一般的なのですが

今回紹介したのは具材を卵に入れて作るレシピです!

 

個人的にはこっちの方が好き!

卵が絡まっておいしい気がする。

 

具材はタケノコやねぎなど入れて具沢山にしてもいいですね!

 

簡単でおいしいので是非作ってみて下さい!

動画でも作り方を紹介↓


【ムースーロー】豚ときくらげのふわふわ卵炒め!