北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

絶品タレ!本格油淋鶏の作り方

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181112230203j:plain

地震の影響であまりものが売っていなかったが、

ついにスーパーで鶏肉を見つけたので即買い!

 

このタレといいますか油淋鶏自体がほんとに好きで、中華を食べ行くときには

基本的に油淋鶏か酢豚のどちらかを頼むくらい好き!

でも売り切れていることが多いんですよね…

 

野菜は何でもいいんですが、ベーシックなのはレタスとトマトだと思います。

 

今回の料理も簡単なのでちゃんと計量すれば誰でもバッチリ作れます!

では、作っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

材料  

  • 鶏もも肉・・・・・・大1枚
  • 塩・・・・・・1つまみ
  • 酒・・・・・・少々
  • 片栗粉・・・・・・鶏肉にまぶせる量

 

 甘酢ダレ

  • ねぎ・・・・・・5cm
  • にんにく・・・・・・小さめ1片
  • しょうが・・・・・・にんにくと同じ大きさ
  • しょうゆ・・・・・・大さじ2
  • 酢・・・・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・・大さじ1と1/2
  • ゴマ油・・・・・・大さじ1

 

 付け合わせ
  • きゅうり・・・・・・1/2本
  • 人参・・・・・・1/2本
  • 塩・・・・・・1つまみ

作り方

1.まず、ねぎをみじん切りにする。

 

2.にんにくは芯を取る。

にんにく、しょうがをおろす。

 

3.しょうゆ、酢、砂糖、ごま油の全てと合わせる。

 

これでタレの完成!!

 

4.次は、鶏肉の表面をペーパーで拭く。

(ぬるっとした脂や水分を拭く)

 

5.軽く筋を取り、厚いところは横向きに軽く切れ込みを入れて肉の厚さを均一にする。

さらに火の通りをよくするために、肉の部分に格子状に切り込みを入れる。

 

6.鶏肉に下味をつけるため、塩と酒を軽く振って8分ほどおく。

 

7.野菜は細切りにし、塩を1つまみいれて塩もみをする。

塩が全体に混ざったら8分ほど置いておき、その後しぼって水気をとる。

 

8.鶏肉に片栗粉をまぶし余分な粉を落とし、油で揚げる。

 

揚げるときの温度は170℃

(粉を入れてみて表面で弾けるくらい)

鶏肉は最初か触らないようにして、しばらくしたら裏表を返しながらじっくり揚げていく。

 

9.揚げ終わりのタイミングはきつね色になって

揚げているときの音と泡が小さくなったころがベスト!

その時に火を強くして油切れをよくしてから取り出す。

 

確認するときは串で刺したときにスッと入って、肉汁が透明になっていたらOK!

 

10.後は鶏肉を食べやすい大きさに切り野菜を添えて甘酢ダレをかけたら完成!!

スポンサーリンク

 

ポイント

とにかく調味料のバランスが大事!

でも、しっかり計量して味見したら大丈夫だと思います!

 

鶏肉は皮と肉の間の白い脂は手で簡単に取れるので軽く取り除いてください。

鶏肉の脂が苦手っていう人はこれだけだけで

少しは良くなると思います!

 

タレは肉が熱々のうちにかけてみてください!

香りがよくたつし、味も良くしみるので…

香りが飛びやすいのであまり保存には向きません。

出来れば使い切ってください。

 

このタレは魚や豚にも合うし…

豆腐や唐揚げ、アボカド、サラダにかけたり

チャーハンや炒め物の調味料としてもよし。

酸味のあるものなので、酢豚や天津飯がおすすめ!

 いろいろなもので試してみてください!

 

 合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com


www.kitanokokku.com