北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

超ふわふわな卵とトマトの炒め物を失敗しない作り方!

スポンサーリンク

f:id:fa-307:20181113025305j:plain

今日は本場中国で定番料理!

安い!早い!うまい!

の代表!トマトと卵の炒め物を作っていきます!

材料費も120円ほどでかなりのボリュームもあるのでお財布にやさしい料理ですが、

いざ作ってみると意外と難しいんですよね。

 

トマトの水分が多くてべちゃっとしたり味付けだったり、ふわっとしなかったり。

 

でも今回のレシピは大丈夫!

 

何回作ってもうまくできました!

 

5分もあれば作れるのでおかずにもおつまみにもピッタリ!

 

それでは作っていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

材料

  • 卵・・・・・・4個(Mサイズ)
  • トマト・・・・・・1個
  • 酒・・・・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・・・・大さじ1杯ほど
  • 鶏ガラスープ(顆粒)・・・・・・1つまみ(あれば)
  • 塩・・・・・・小さじ1
  • 油・・・・・・適量

水:片栗粉=2:1

 

作り方

まずは材量を準備していきましょう!

 

卵は空気を含ませるように溶きほぐし

塩、鶏ガラスープの素、酒を混ぜ合わせる。

 

トマトはヘタをくり抜き、半分にしたものを4つにくし切りにして

さらに半分にして1/16にします。

f:id:fa-307:20181113024919j:plain

 水溶き片栗粉を用意します。

使う直前に再び混ぜ合わせる!

 

これで準備完了!

 

フライパンに油を引いてトマトを炒めていきます。

 

トマトの水分が出てきて火が入ってきたら一度火を止めて、

水溶き片栗粉を再び混ぜ合わせていれていく。

 

再び火ををつけてとろみをつけたら卵の中に流していく。

 

すこしかき混ぜてトマトの温度を下げる。

 

ここからは時間との勝負!!

 

フライパンに多めの油を入れて(大きめスプーン3杯ほど)、

しっかりとフライパンを熱していきます!

 

耐熱性のゴムベラか木べらを用意しておきましょう!

無ければ箸でもOK!

ゴムベラが一番いいですよ!

 

しっかりと温まったフライパンに卵を流し込む。

 

最初は全体をかき混ぜて外側が固まってきたら

外から中へ織り込んでいくように混ぜていく。

 

中の方を混ぜることも忘れずに!!

 

ある程度固まってきたら火を止めて形を整える。

 

後はきれいに盛り付けたら完成!

 

スポンサーリンク

 

ポイント

トマトの水分を水溶き片栗粉で固めることで、

出来上がった時に水分がほとんど出てこなくなります!

 

 

卵をふんわりと炒めていきたいときは!

 

  • 油を多めに入れること
  • 強火で一気に仕上げること
  • 空気を含ませるように混ぜる

ほかの卵料理にも応用できます!

 

最後に

これで卵の炒めのもだけじゃなくほかの

卵料理もうまく作れるようになります!

 

大きさもだいたい変わらないと思うので味付けもそこまでブレがないと思います!

 

卵がSサイズでも大丈夫ですが、その場合は塩をすこし減らしてください!

 

フルーツトマトを使ってもおいしいですよ!

 

是非作ってみて下さい!!

 

 

これは家で使っているゴムベラなのですが、

ゴムベラは耐熱性のものを1本は持っておいた方がいいです。

パスタのソースがフライパンに残りやすいですし。

1本あるだけで料理か楽できれいに作れます。

 

そして必ず耐熱性の方がいいです。

なぜなら昔ホワイトソースを作っていた時に耐熱性と勘違いしていたゴムベラを使ったため、ゴムベラが溶けてホワイトソースの中に混ざるという悲惨な事件が起きました。

食材を無駄にしないためにも耐熱性のゴムベラにしましょう。

 

ゴムベラに色や匂いが付きやすいため、

料理とお菓子で使い分けるのが理想ですが

そうはいかないので、家ではたまに漂白して使っています。

かなり頑丈ですのでこの白いタイプがおすすめですよ!

 でも黒い方がかっこいいですよね!!