北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

【シチリア風パスタ】パン粉と青魚を使ったパスタ!

スポンサーリンク

シチリア風パスタ

今回はシチリア風パスタ!!

 

シチリアの伝統的なパン粉を使ったパスタ!

食べれば気分はシチリアにいるのような気分に!

 

個人的に魚を使ったパスタで1か2番目くらいに好きなパスタ!

 

主な材料はパン粉アンチョビレーズンが基本!

 

普段から全部の材料が冷蔵庫にある!!

なんてことはあまりないかと思いますが、

わざわざ買って作るだけの価値はありますよ!!

 

それくらいにおいしい!!

 

材料も珍しいものもあるし

かなり簡単なパスタではないですが

気合入れて料理するときにはおすすめ!

 

それでは作っていきましょう!!

スポンサーリンク

 

 

シチリア風パスタの材料

  • パスタ・・・・・・120g
  • さばフィレ・・・・・・1枚
  • 玉ねぎ・・・・・・1/4個
  • アンチョビ・・・・・・1本
  • レーズン・・・・・・6粒ぐらい
  • にんにく・・・・・・1片
  • フェンネルシード・・・・・・1つまみ
  • パン粉・・・・・・大さじ2
  • 白ワイン・・・・・・大さじ2ほど
  • オリーブオイル・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・適量

今回はサバを使いました!

 

主にイワシを使うことが多いですが、

他にもさんまなどでも大丈夫です!

 

見ての通り使う材料が多いです。

 

全てそろえるのはハードルが高いので、

最低限パン粉アンチョビレーズンがあればOK!!

 

後は入れた方がおいしいよ。

って感じです!!

 

他にはディルや松の実、レモンの皮を

すりおろしたものを入れてもおいしい!

 

ちなみにフェンネルシードはこいつ!

フェンネルシード

スパイシーな甘い香り!

 

アンチョビはこれ↓

 
アンチョビは保存も効くし、パスタに入れるだけで
簡単においしくなるので便利!!
 
さばを使ったほかのパスタ↓

サバ味噌缶とトマトのパスタ!

意外と合う。

www.kitanokokku.com

シチリア風パスタの作り方

まずは準備!!

パスタを茹でるお湯を沸かす。

 

1Lの水に対して10gの塩。

 

魚は骨を取り除いて塩を軽くする。

魚は1口サイズに切っても切らなくてもOK!

炒めているとほぐれます!

 

塩をしたら魚から水が出るので

火にかける前にしっかりと拭くこと!!

 

にんにくと玉ねぎはスライス。

 

レーズンは軽く刻む。

ザクザクとでOK!

 

これで準備OK!!

 

まずはフライパンにオイルを入れてからにんにくを入れる。

 

火にかけてじっくりと香りを出す。

軽く香りが出てきたらフェンネルシード。

 

にんにくに色がついてきたら

アンチョビと魚と玉ねぎを入れる。

 

炒め終わったらパン粉を入れる。

 

少し混ぜて白ワインと刻んだレーズンを入れる。

 

アルコールをしっかりと飛ばしてゆで汁をすこし入れる。

f:id:fa-307:20190315020843j:plain

軽く煮込んでレーズンの甘味を出したら

ソースは完成!!

 

後は茹でたパスタを入れて

オイルも入れて絡めて、味見。

 

良ければ完成!!

 

仕上げのパン粉はお好みで!

f:id:fa-307:20190315020837j:plain

スポンサーリンク

 

シチリア風パスタのポイント

香りをオイルに移す

最初にオイルににんにくやフェンネルシードの

香りをうまく移すこと!

 

具材はしっかり炒める

香りを移したら次は旨味を移す!!

 

中火より少し弱いくらいの火加減で炒めて

旨味を出していきます!!

 

オイルをパン粉に吸わせる

ここまで丁寧に作ったオイルをパン粉に移します!

 

後は水分とパスタを入れて仕上げるだけ!

最後に

ちょっと珍しい食材を使うパスタ!

 

でもその分シチリア感が味わえます!!

 

材料もすべてそろえなくていいし

魚も青魚なら合うので

気軽に作ってみてください!!

 

合わせて読みたい↓

ナポリの料理のゼッポリーニ!

揚げピザみたいな感じでお酒の進む味!

www.kitanokokku.com

簡単にカルパッチョを作ります!

www.kitanokokku.com

アマトリチャーナ!

ガッツリ系のパスタ!

www.kitanokokku.com