北のコックが気分で料理していく。

プロのテクニックを家庭でも簡単に!!

【ゼッポリーニのレシピ】ナポリの名物料理!海苔の揚げピザ!

スポンサーリンク

ゼッポリーニ

今日はゼッポリーニというイタリア料理を作ります!

 

ナポリの名物料理なのですが、

どんな料理か簡単に説明するなら

ピザ生地にのりを混ぜ込んで揚げたもの!

 

割ってみるとこんな感じ!

f:id:fa-307:20190204022218j:plain

前菜として出すのもなので、

かなりお酒が進みます!

 

発酵するので時間はかかりますが、

作業時間は10分程度で作れます!

 

揚げ物は面倒!!

って方でも大丈夫!

そんなに油を使わないので!

 

材料のスーパーにあるようなもので作れます!

 

では、作っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ゼッポリーニの材料

  • 強力粉・・・・・・110g
  • 塩・・・・・・4g
  • 砂糖・・・・・・5g
  • ドライイースト・・・・・・4g
  • ぬるま湯・・・・・・100g
  • 刻みのり・・・・・・1つまみ

のりは今回は刻みのりを使っていますが、

1番いいのは岩のりか青のり。

塩もいい塩を使うと意外と味に影響します。

でも、岩のりもいい塩も見ての通り高い!!

なので今回は普通のもの使います。

家で作るものなので妥協も大事!!

 

ちなみにドライイーストは予備発酵がいらないものを使っています。

 

ゼッポリーニの作り方

まず粉類を計量する。

 

のりを入れる。

岩のりを使う場合は適当にちぎる。

 

ちぎる大きさは?

適当でOK!!

 

でも、拳くらい大きいのは遠慮してほしいです。

 

これでぬるま湯以外がボウルに入っている状態です。

 

ぬるま湯を入れる前に軽く混ぜ合わせて下さい!

 

その後ぬるま湯を入れて混ぜ合わせます。

 

完全に混ぜ合わせたらOK!

 

生地を纏めてしっかりとラップをします。

ラップはピッタリと空気が漏れないように!

 

温かい場所で30~40分置いて発酵させます。

f:id:fa-307:20190204022253j:plain

発酵が終わったらこんな感じ!

f:id:fa-307:20190204022244j:plain

少し膨らんでデローンと伸びてきます。

こうなればOK!

 

後は揚げていきます!

 

160~170℃の油を用意します。

油の量は底から2~3cm程でOK!

 

本来は揚げ物なので多めの油であげた方がいいです!

 

でも少なめの油でも作れますよ!

 

火加減は中火より少し弱いくらい!

 

スプーンを1度揚げ油にくぐらせてから

生地をすくいます。

f:id:fa-307:20190204022227j:plain

なんとなく丸い形にすくえればOK!

 

揚げるとすぐに膨らんでいきます。

f:id:fa-307:20190204022239j:plain

いい感じにきつね色になってくるので、

反対側に返していきましょう!

 

上の写真の左側の3つぐらいは泡が小さくなって色をついているので、

ひっくり返すサイン!

 

逆に右側は入れたばかりで泡も大きいのでまだです。

 

全体的にいい色がつけば完成!!

スポンサーリンク

 

ゼッポリーニのポイント

必ずぬるま湯使う

イーストが発行する1番いい温度は

だいたい人の体温と同じ。

 

なので温度に気を付けるとうまく作れます!

 

スプーンは生地に触る前に油にくぐらせる

直接生地に触るとくっついてしまい

上手くできないので、油にくぐらせる。

 

泡が小さくなれば揚げあがりのサイン

揚げているときの泡が小さくなれば、

揚がっているサイン!!

 

不安なときは泡を目印にしたら安心!

最後に

シンプルな料理で揚げたてが本当においしい!!

 

材料も手に入りやすいし作業時間もあまりないです。

 

色々な海苔で試して作ってみて下さい!

佃煮とかでも作れます!

 

おすすめは岩のり!!

合わせて読みたい↓

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com

www.kitanokokku.com